野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

マーティン奮闘も、全体的には物足りない? 12球団の助っ人を診断【ロッテ編】

ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

ロッテのレオネス・マーティン(左)とブランドン・レアード【写真:荒川祐史】
ロッテのレオネス・マーティン(左)とブランドン・レアード【写真:荒川祐史】

ジャクソンは開幕直後に退団、ハーマンも1か月半離脱

 ソフトバンクの4年連続日本一で幕を閉じた2020年のプロ野球。シーズンオフに入り、各球団は本格的に来季の戦力編成に着手している。すでに来季の新助っ人が決まった球団もあり、今後は続々と発表されていくことだろう。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 では、12球団の助っ人外国人は今季、どれほどの活躍を見せたのだろうか? 各球団の助っ人たちの成績を検証し、その働きを診断していってみよう。今回はクライマックスシリーズで惜しくも敗退したパ・リーグ2位のロッテだ。

○投手
チェン・グァンユウ(3000万円)
19試合1勝0敗0セーブ2ホールド 防3.20

フランク・ハーマン(8800万円)
38試合3勝2敗1セーブ23ホールド 防2.15

ジェイ・ジャクソン(1億2000万円)
7試合0勝0敗1セーブ3ホールド 防3.86

ホセ・フローレス(500万円)
14試合2勝2敗0セーブ1ホールド 防7.66

チェン・ウェイン(3000万円)
4試合0勝3敗0セーブ0ホールド 防2.42

 シーズン終盤までソフトバンクと優勝を争い、パ・リーグ2位に食い込んだロッテ。今季の戦いを支えたのはチーム防御率3.81と奮闘した投手陣だった。ただ、外国人はというと、ピースの1つとしてまずまずの働きを果たしたものの、“助っ人”として目を見張るほどの活躍だったかというと、いささか物足りなかった。

 楽天からロッテに移籍したハーマンはセットアッパーとして38試合に登板して23ホールドをマークしたものの、9月半ばに故障し、約1か月半離脱することになった。チェン・グァンユウは外国人枠の関係もあり、19試合登板止まり。ジャクソンは開幕直後に退団した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」