野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

“我慢”が成功のカギになる? 広島の浮沈を左右する新助っ人をデータから分析

2020年のプロ野球もシーズンオフに入り、各球団が来季に向けての戦力編成を進めている。すでに来季の新外国人選手との契約が合意に達し、発表した球団もある。

広島と契約合意したケビン・クロン【写真:Getty Images】
広島と契約合意したケビン・クロン【写真:Getty Images】

野球一族が生んだ魅惑の大砲、昨季は3Aで82試合ながら38本塁打、OPS1.226

 2020年のプロ野球もシーズンオフに入り、各球団が来季に向けての戦力編成を進めている。すでに来季の新外国人選手との契約が合意に達し、発表した球団もある。

【動画】米メディアも「すぐスターになる」と太鼓判 広島が獲得した3A本塁打王クロンのメジャープレー映像

 それぞれの球団の浮沈を左右する新助っ人選手たち。では、それぞれどんな特徴を持った選手たちなのだろうか。米球界時代に残してきた成績、データを検証し、その特徴を探ってみたい。

 今回は2019年にマイナーで39本塁打を放った魅惑の大砲、広島の新外国人選手であるケビン・クロン内野手を見ていこう。

 家族は父親のクリス、兄のCJ、従兄弟のチャド・モーラーがメジャーリーガーという野球一族。自身も2014年ドラフト14巡目(全体420位)でダイヤモンドバックスから指名されると、2019年にはメジャーデビューを飾り、6本塁打をマークしている。そんなクロンの最大の長所はなんといっても195センチ、115キロの恵まれた体格から生み出される圧倒的なパワーだろう。

 メジャーでの実績は2年間で47試合と少ないが、マイナーでの本塁打は2014年から12本(R、A-)→27本(A+)→26本(2A)→25本(2A)→22本(3A)→39本(R、3A)と着実にステップアップ。特に2019年は3Aで82試合の出場ながら38本塁打、打率.331、OPS(出塁率+長打率)1.226の好成績をマーク。この数字は楽天加入前のブラッシュと同程度の成績となっている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」