野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

TJ手術で復活は3年後も… 鷹育成ドラ1佐藤のプロ入りを決断させた球団の配慮

ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームに隣接する「BOSS E・ZO FUKUOKA」内にある「よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場」で新入団選手発表会見を行った。ドラフトで指名された支配下5人、育成8人がお披露目され、各選手の背番号も決まった。

新入団選手発表会見に臨んだ佐藤宏樹【写真:福谷佑介】
新入団選手発表会見に臨んだ佐藤宏樹【写真:福谷佑介】

昨年4月に神経移行及びクリーニング手術、11月にはトミー・ジョン手術

 ソフトバンクは10日、本拠地PayPayドームに隣接する「BOSS E・ZO FUKUOKA」内にある「よしもと福岡 大和証券/CONNECT劇場」で新入団選手発表会見を行った。ドラフトで指名された支配下5人、育成8人がお披露目され、各選手の背番号も決まった。

【写真】「奥さま可愛い」 スレンダー美人の新婦とラブラブな鷹牧原の結婚式写真

 育成1巡目で指名を受けたのが慶大の佐藤宏樹投手だ。最速151キロの真っ直ぐを武器とする左腕で、順調にいけば、ドラフト上位候補となる可能性もあったが、育成指名に。そこには左肘の怪我が影響していた。

 秋田の大館鳳鳴高から慶大に進み、1年生からリーグ戦に登板。秋には9試合に先発して3勝0敗、防御率1.03をマークした。3年時に最速151キロをマークしたが、左肘を故障。昨年4月に左肘の神経移行及びクリーニング手術を受けた。さらにドラフトの2週間前には左肘のトミー・ジョン手術を行った。

 トミー・ジョン手術は全治まで1年前後を要するとされており、来季中に復帰できるかは微妙なところ。プロ入りしても1年間はほぼ投げられない状況になる中で、育成選手としての指名でプロ入りを決めた。決断に至った背景を佐藤が語った。

 ドラフト前に各球団のスカウトと、指名候補者が面談を行うことが多々ある。その中でソフトバンクの担当スカウトである山本省吾スカウトらからの言葉が背中を押してくれたという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」