野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

元巨人マシソン氏、今も変わらぬ日本愛 「戻れるなら戻りたい」場所とは?

今年も残すところ、あと少しになった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で野球を応援する形も、選手とファンの触れ合い方も、メディア側も情報の届け方などが大きく変わった一年だった。オンラインイベントも各所で多く見られたが、昨年まで巨人に在籍していたスコット・マシソン投手は“様式”が変わっても、変わらない古巣、ファンへの愛情を表現した。

オンライントークイベントに登場した元巨人のスコット・マシソン氏(画像はスクリーンショット)
オンライントークイベントに登場した元巨人のスコット・マシソン氏(画像はスクリーンショット)

10月に行ったFull-Countオンラインイベントに米国からファンのため“登場”

 今年も残すところ、あと少しになった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で野球を応援する形も、選手とファンの触れ合い方も、メディア側も情報の届け方などが大きく変わった一年だった。オンラインイベントも各所で多く見られたが、昨年まで巨人に在籍していたスコット・マシソン投手は“様式”が変わっても、変わらない古巣、ファンへの愛情を表現した。

【PR】オフシーズンコンテンツも充実 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 Full-Countオンライントークイベントでマシソン氏がゲストで登場したのは今年の10月17日だった。イベントの打ち合わせもオンラインで行った。回線をつなぐ“会場”が米国・フロリダの自宅とあり、フィリーズ時代のサイン入りカードなど、色々な「お宝」を用意し、待っていてくれた。

 中でもイベント当日、まず目を引いたのがマシソン氏が着ていたTシャツ。それは元同僚だった巨人・大竹寛投手の通算100勝記念Tシャツだった。ニコニコしながら説明した。

「大竹だけじゃないよ。阿部(慎之助)や山口(鉄也)のTシャツとか、たくさん持っている。ジムに着て行ったりすると、まわりから『それは何?』と、よく質問されるんだよ」

 その顔は嬉しそうだった。

 イベント内では日本にまつわる質問も多く、「日本に戻ってきて、一番食べたいもの」は都内の焼肉店の肉やキャンプ地・宮崎の炭火焼きの食事処の地鶏など一つに絞れない。来日したら行きたい飲食店がどんどん口から出てきた。

「焼鳥もラーメンも恋しい。家族と週に1、2回は寿司を食べていたから寿司も食べたいね。フロリダでは日本のような寿司は食べられない。日本での大きな思い出のひとつは食事。なんでも日本のほうがおいしい。日本のピザは最高。アメリカのピザが食べられなくなるくらいだよ」

 想像するだけで幸せそうだった。今年は東京五輪やポストシーズンのタイミングで来日するプランを持っていたが、中止に。自宅でインターネットを通じて、巨人の応援をすることが楽しみだったという。結果のチェックは日課だった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」