野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セイバー指標で選ぶベストナインは? セは中日大野雄、阪神近本らが選出

日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。セ・リーグ9人、パ・リーグ10人の受賞者は17日に行われる「NPBアワード」で表彰される。

ヤクルト・青木宣親、中日・大野雄大、阪神・近本光司(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・青木宣親、中日・大野雄大、阪神・近本光司(左から)【写真:荒川祐史】

代替可能選手と比べてどれだけ勝利を上積みしたかを表す「WAR」で検証

 日本野球機構は16日、セパ両リーグの今季の「ベストナイン」を発表した。セ・リーグを制した巨人から菅野智之投手、大城卓三捕手、岡本和真内野手、坂本勇人内野手、丸佳浩外野手と最多の5人が選出。セ・リーグ9人、パ・リーグ10人の受賞者は17日に行われる「NPBアワード」で表彰される。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 ベストナインは新聞社、通信社、放送局のプロ野球記者で取材歴5年以上のキャリアを持つ者による投票で選ばれるが、では統計上で今季、チームに大きく貢献したのは、どの選手だったのだろう? そこで野球を科学的に分析するセイバーメトリクスにおいて、打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標である「WAR」を用い、セイバーメトリクス指標で選ぶベストナインを挙げてみたい。

 検証のデータは、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。「WAR」は「そのポジションの平均以下の代替可能選手に比べて、どれだけ勝利数を上積みしたか」を統計的に推計した指標となり、より数値が大きいほど、勝利への貢献度が大きいとされる。

 今回はセ・リーグだ。

【セ・リーグ】
投手 大野雄大(中日)5.0
捕手 梅野隆太郎(阪神)2.5
一塁手 村上宗隆(ヤクルト)4.8
二塁手 菊池涼介(広島)3.4
三塁手 岡本和真(巨人)5.3
遊撃手 坂本勇人(巨人)5.7
外野手 近本光司(阪神)5.5
外野手 鈴木誠也(広島)5.3
外野手 青木宣親(ヤクルト)5.0

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」