野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • インタビュー/解説
  • 「幕張の防波堤」が選ぶMVPは鷹モイネロ リリーフ経験者だからこそ評価する“8回の難しさ”

「幕張の防波堤」が選ぶMVPは鷹モイネロ リリーフ経験者だからこそ評価する“8回の難しさ”

17日に都内で行われた「NPBアワード2020」で巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手がセパ両リーグのMVPに選ばれた。記者投票で選ばれたこのMVPだが、球界OBが見ると、果たしてMVPは誰になるのか? 現役時代にロッテや米大リーグ・インディアンスなどで通算234セーブをマークした小林雅英氏は、ソフトバンクのセットアッパーとして活躍したリバン・モイネロ投手を独自の視点からMVPに選出した。

ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:荒川祐史】
ソフトバンクのリバン・モイネロ【写真:荒川祐史】

「柳田、千賀に比べ目立たない役割だが、スポットを当てないと凄さが伝わらない」

 17日に都内で行われた「NPBアワード2020」で巨人の菅野智之投手、ソフトバンクの柳田悠岐外野手がセパ両リーグのMVPに選ばれた。記者投票で選ばれたこのMVPだが、球界OBが見ると、果たしてMVPは誰になるのか? 現役時代にロッテや米大リーグ・インディアンスなどで通算234セーブをマークした小林雅英氏は、ソフトバンクのセットアッパーとして活躍したリバン・モイネロ投手を独自の視点からMVPに選出した。

「僕の見方ではモイネロしかいない」とまで断言した小林雅氏。最速158キロを誇り、チェンジアップ、スライダー、カーブと変化球も多彩な25歳のキューバ人左腕は今季50試合に登板し、2勝3敗1セーブ38ホールド、防御率1.69をマークした。

 これらの成績以上に驚異的だったのは奪三振率の高さ。48イニング投げて77三振を奪っており、奪三振率は14.44になる。左腕が奪った144アウトの半分以上を三振で取っていることになる。「奪三振が多いということは、野手のエラーやポテンヒットも起こりにくいわけで、圧倒的なパフォーマンスだったといえる」と小林雅氏は強調した。

 7月10日の楽天戦では1-1の同点で8回に登場。鈴木大、ブラッシュ、浅村を3者三振に仕留めたシーンは衝撃的だった。浅村はカウント3-2から、虚を突いた真ん中のカーブに手が出ず見送った。まさにモイネロの凄みが凝縮された登板の1つだったと言えるだろう。

 今季のモイネロは50試合に登板し、失点したのはわずか4試合しかない。セットアッパーとして主に8回を任され、守護神の森へ繋ぐ役割をほぼ完璧にこなした。現役時代に抑えを務めた小林雅氏から見ても、8回を抑える役割は極めて難しいという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」