野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ安田&藤原、中日藤嶋… “幕張の防波堤”が大きな期待を抱く若手の星は?

今年のプロ野球は新型コロナウイルスに翻弄されたが、その中でも、2021年に一気にブレークしそうな若手たちが芽吹いていた。かつてロッテの守護神に君臨し「幕張の防波堤」の異名を取った小林雅英氏に、2021年シーズンで期待したい若手を挙げてもらった。

ロッテの藤原恭大、安田尚憲、中日の藤嶋健人(左から)【写真:荒川祐史、津高良和】
ロッテの藤原恭大、安田尚憲、中日の藤嶋健人(左から)【写真:荒川祐史、津高良和】

安田は「オリックスの吉田正のような選手になっていくのでは」

 今年のプロ野球は新型コロナウイルスに翻弄されたが、その中でも、2021年に一気にブレークしそうな若手たちが芽吹いていた。かつてロッテの守護神に君臨し「幕張の防波堤」の異名を取った小林雅英氏に、2021年シーズンで期待したい若手を挙げてもらった。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 小林雅氏がその筆頭として名前を挙げたのが、ロッテの後輩である安田尚憲内野手。「久しぶりに“ミスター・ロッテ”になれそうな選手が出てきた」と推した。ロッテの井口監督は今季、21歳の安田を7月21日の西武戦以降から86試合連続で4番に据えた。西武、楽天との2位争いが佳境を迎えた11月になって、4番を清田に譲ったのは残念だったが、この1年で得た経験は貴重で三塁守備にも上達が見られた

 小林雅氏は「ブレずに我慢して使い続けた井口監督が1番すごかった」といい「今年は1打席、1球で周囲の目がこんなに変わるのかと、痛感したことだろう。ネット上のファンの書き込みやマスコミの報道が、いかにコロコロ変わるものであるか、1年間試合に出続けてみないとわからない。自分を見失わず、周りの評価をいい意味で無視できることが大事になる」と安田へエールを送った。

「自分を磨いていけば、“ミスター・ロッテ”になれるのではないか。僕が知る限り、過去にミスター・ロッテと呼ばれたのは、有藤通世さんと初芝清さんの2人。長嶋茂雄さんや掛布雅之さんもそうであるように、“ミスター”にはサードのポジションが似合う」とし、「本塁打を30本も40本も打つタイプではない。ソフトバンク・柳田、西武・山川、中村と違い、そこまで打球に角度はつかないが、打点や二塁打が多いオリックスの吉田正のような選手になっていくのではないか。勝負強い打者になってほしい」と期待した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」