野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「自分も引き出しのある打者に…」ロッテ菅野が中村、栗原ら“鷹軍団”に飛び込むワケ

ソフトバンクと首位争いを演じ、4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたロッテ。菅野剛士外野手はプロ3年目の今季、スタメンで3番を任されるなど自己最多の81試合に出場し、打率.260、2本塁打、20打点をマーク。勝負強い打撃で勝利に貢献した。

ロッテ・菅野剛士【写真:福谷佑介】
ロッテ・菅野剛士【写真:福谷佑介】

ロッテ菅野は打率.260も出塁率.389、選球眼の良さが光った

 ソフトバンクと首位争いを演じ、4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしたロッテ。菅野剛士外野手はプロ3年目の今季、スタメンで3番を任されるなど自己最多の81試合に出場し、打率.260、2本塁打、20打点をマーク。勝負強い打撃で勝利に貢献した。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 打率は.260だが、出塁率は.389という高い数字を記録した。しかし、当たりが止まっているときでも四球を取りにいくことはしていない。甘い球を1球で仕留められるようにすることをテーマに取り組んできた結果だという。

「ローテーションを守っているピッチャーやクローザーはレベルが高い。甘い球は1球来るか来ないかです。ボール球に手を出したら本当にもったいない。そこを意識した結果、四球が取れた。フォアボールを選ぼうという気持ちはないです」

 守備では冷静な判断と堅実なプレーで、守備力を図る数値「UZR」は10.9と左翼でトップの数字を残した。さらに今季は、今までに経験がないという一塁の守備にも就いた。「最初はすごく緊張した」というが、安定したグラブさばきで、外野、一塁ともに無失策だった。

「1年目から大塚コーチのノックをたくさん捕っていました。それが3年目で数字に残った。練習しておいてよかったです。外野手はランナーを進塁させないことが一番大事。失点につなげないことが、ピッチャーを助けることになると思っています。ファーストは、試合に出られる以上はチャンスだと思って挑戦しましたが、打球がすごく速くて内野手は大変だなと感じました。今からいろいろな練習をしなきゃいけないと思っています」

 1年目のオフから、CSでMVPに輝いた左の好打者、ソフトバンク中村晃外野手の自主トレに参加している。面識はなく、ともに練習するのは栗原陵矢捕手や釜元豪外野手などソフトバンクの選手ばかりだが、その打撃技術を学ぶために飛び込んだ。

「すごく試合に貢献するバッターだなと見ていました。チームバッティングができて、バントもできて、派手なホームランも打てる。守備も外野だけでなく、ファーストも守る。自分もいろいろな引き出しのあるバッターになりたいと思いました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」