野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

セパとも3球団は不動? 楽天は混沌の争い…12球団の「開幕投手」を最速予想

幕を開けた2021年シーズン。コロナ禍などによる延期がなければ、3月26日にセパともに開幕を迎える。春季キャンプやオープン戦をへてチームの勢力図に変化が生まれることは予想されるが、Full-Countでは最も早い開幕投手予想を敢行。12球団の顔ぶれを占ってみた。

オリックス・山本由伸、ソフトバンク・千賀滉大、中日・大野雄大(左から)【写真:荒川祐史】
オリックス・山本由伸、ソフトバンク・千賀滉大、中日・大野雄大(左から)【写真:荒川祐史】

ソフトバンクは千賀、オリックスは山本が最有力か

 幕を開けた2021年シーズン。コロナ禍などによる延期がなければ、3月26日にセパともに開幕を迎える。春季キャンプやオープン戦をへてチームの勢力図に変化が生まれることは予想されるが、Full-Countでは最も早い開幕投手予想を敢行。12球団の顔ぶれを占ってみた。

【動画】メジャーも注目? “超人ギータ”が驚愕のパワーを披露! 悠々バックスクリーンへ消える鷹・柳田の爽快特大弾

○パ・リーグ
千賀滉大(ソフトバンク)-美馬学(ロッテ)

 ソフトバンクは、2020年に最多勝、最優秀防御率、最多奪三振の「投手3冠」に輝いた千賀が最有力になりそう。先発陣では石川や東浜、ベテラン和田ら層は厚いが、調整が順調ならエース右腕に託す可能性は高そう。一方のロッテは、昨季チームトップの10勝を挙げた美馬が、現時点では有力か。昨季当初は開幕投手に内定していたが、わき腹痛に加えてコロナ禍による開幕延期が重なり、その座を石川に譲った。FA移籍2年目となる今季に“リベンジ”開幕を目指す。

涌井秀章(楽天)-上沢直之(日本ハム)

 楽天は2020年に移籍1年目で11勝を挙げ史上初の3球団で最多勝を獲得した涌井が本命。則本、岸、そしてドラフト1位ルーキーの早川も候補になるが経験豊富な涌井に託したい。日本ハムは昨季開幕投手を務めた有原がメジャー移籍。その右腕らとともにチームトップタイの8勝を挙げた上沢に任せるのが現実的でもある。2019年以来2年ぶりの大役を担うことになるか。

高橋光成(西武)-山本由伸(オリックス)

 西武は昨季チーム最多の8勝を挙げた高橋に任せて、エースとしての完全覚醒を促したい。2014年のドラフト1位右腕も今季7年目。昨季は後半戦で2度ノーヒットノーランに迫るなどチームを引っ張っただけに、シーズンを通した活躍が求められる。オリックスは盤石のエース・山本を立てることになりそうだ。昨季は最多奪三振のタイトルを獲得。故障さえなければ、死角は見当たらない。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」