野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

19年はMVP森、20年は盗塁王周東…「年男」はブレークの予感、丑年の期待は?

2021年は丑年。プロ野球界でも、1997年生まれと、1985年生まれの選手が“年男”になる。36歳を迎える選手たちは大ベテランの域に入っていく一方、24歳となる選手の中には大きく飛躍するケースも。直近を見ても「年男」たちがその年の球界を席巻している。

西武・森友哉(左)とソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】
西武・森友哉(左)とソフトバンク・周東佑京【写真:荒川祐史】

20年は巨人岡本が2冠に、19年はソフトバンク高橋礼が新人王

 2021年は丑年。プロ野球界でも、1997年生まれと、1985年生まれの選手が“年男”になる。36歳を迎える選手たちは大ベテランの域に入っていく一方、24歳となる選手の中には大きく飛躍するケースも。直近を見ても「年男」たちがその年の球界を席巻している。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 2020年は、1996年生まれの選手たちの台頭が目立ったシーズンに。ソフトバンクの周東佑京内野手は50盗塁をマークし、史上初となる育成出身の盗塁王を獲得した。13試合連続盗塁の“世界記録”も樹立。主に二塁のレギュラーとして103試合に出場し、打率.270、1本塁打27打点と台頭した。

 さらにソフトバンクでは、栗原陵矢捕手もブレーク。118試合に出場し、打率.243、17本塁打73打点と勝負強い打撃を見せた。さらに巨人との日本シリーズでは、初戦に4打点を挙げるなどシリーズ通算打率.500をマークし、MVPに輝いた。

 リーグ連覇を果たした巨人でも、4番の岡本和真内野手が自身初の本塁打王と打点王のタイトルを獲得した。118試合に出場し打率.275、31本塁打、97打点。3年連続30発の「2代目若大将」が勲章を得たシーズンだった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」