野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ井口監督が堂々のV宣言! 独占インタで激白「自分たちの力で掴み取る」

コロナ禍により開幕が約3か月遅れた2020年のNPB。終わってみれば、日本シリーズV4を飾ったソフトバンクの圧倒的な強さが際立つシーズンとなった。だが、その常勝軍団に対し、レギュラーシーズンでは2年連続勝ち越しを収めているのがロッテだ。

ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】
ロッテ・井口監督【写真:荒川祐史】

「どのポジションも今、僕の中ではフラット」 井口資仁監督独占インタ第1回

 コロナ禍により開幕が約3か月遅れた2020年のNPB。終わってみれば、日本シリーズV4を飾ったソフトバンクの圧倒的な強さが際立つシーズンとなった。だが、その常勝軍団に対し、レギュラーシーズンでは2年連続勝ち越しを収めているのがロッテだ。

 昨季は60勝57敗で13年ぶりのパ・リーグ2位、4年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)進出としたが、CSでは1勝もできず敗退。目指すリーグ優勝、日本シリーズ優勝には一歩も二歩も足りなかったが、井口資仁監督は2018年の就任以来、5位→4位→2位と着実にチームを引き上げてきた。ソフトバンクに独走を許しながらも勝ち越した今季。46歳指揮官は何を思ったのか――。

 2021年の幕開けとともに、就任4年目を迎える井口監督の本音に迫る全3回の独占インタビュー。第1回は「掴み取る」をキーワードにお届けする。

 ◇ ◇ ◇

 120試合に短縮された2020年のレギュラーシーズン。ロッテは首位ソフトバンクに14ゲーム差の2位に食い込んだ。3位の西武とは1.5ゲーム差、4位の楽天までも2.5ゲーム差。シーズン最終盤に息詰まる2位争いを繰り広げる3球団に対し、ソフトバンクは高みの見物を決め込んだ。4年ぶりに戦ったCSで、ロッテは2試合連続で先制点を挙げながら、いずれも逆転負けで敗退。それでも井口監督はソフトバンクに対する苦手意識はない。

「2年連続でシーズンは勝ち越しているんで、そういう意味ではみんな自信はあると思います。こういう風に攻めればホークスに勝てるっていうツボのようなものは分かっているつもり。そこをチーム全体として攻められるか。嫌なイメージはないですね」

 2019年は17勝8敗、2020年は12勝11敗。いずれの年もソフトバンクに勝ち越したのは、唯一ロッテだった。井口監督は「投手陣がめちゃくちゃいい。あそこからどうやって点を取るか」と敵を称えながらも、こう続けた。

「CSでは千賀(滉大)投手も打っているし、東浜(巨)投手も打っている。あまり抑えられているイメージはない。いろいろなアプローチをしながらホークスに食らいついているんで、来年もいい勝負をしていきたいですね。尻尾は掴んだ。あとはホークスをガッツリ掴むイメージ、優勝を自分たちの力で掴み取るイメージですね」

 指揮官が優勝のイメージを具体化できているのは、就任以来の3シーズンでチーム力は着実に上昇カーブを描いていると実感するからだ。「5年先、10年先に常に優勝争いができるチームを作る」と目標を掲げた通り、1軍メンバーには勝者のメンタリティーを叩き込みながら、ファームでは育成に着手。その成果が徐々に見えてきた。

 楽天との3位争いで粘り切れずにCS進出を逃した2019年は、「競る経験のない選手がほとんどで、3位争いでも浮き足立っていた」と井口監督。2020年は、さらにプレッシャーのかかる優勝争いを展開しながら、2位に踏みとどまった。

「首位に追いつかなくちゃいけないし、下から追い越されてもいけないっていうプレッシャーを、みんなかなり感じていたと思います。ただ、これは上位で優勝争いするチームが必ず通らなくちゃいけない道。2位を決めた西武戦(11月8日)はシーズンで一番いい試合をして、みんなで最後を乗り切った。去年の戦いが集約された、いい試合だったと思います。チーム全体として非常に成長しているな、と」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」