野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

チームの躍進に繋がる若手の台頭 2021年、ブレーク期待の12球団の新星は?

年が明けて2021年が到来した。昨季はソフトバンクが4年連続日本一に輝き、セ・リーグは2年連続で巨人が制した。果たして今季はどんな年になるだろうか。

ヤクルト・奥川恭伸、中日・石川昂弥、広島・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】
ヤクルト・奥川恭伸、中日・石川昂弥、広島・小園海斗(左から)【写真:荒川祐史】

巨人横川はローテ入り期待、阪神井上&中日石川はレギュラー争いに食い込めるか

 年が明けて2021年が到来した。昨季はソフトバンクが4年連続日本一に輝き、セ・リーグは2年連続で巨人が制した。果たして今季はどんな年になるだろうか。

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 それぞれの球団で期待されるのが、若手選手の台頭だ。1軍に食い込んでくる選手が出てくるか、レギュラーやローテを奪い取る若い力が出てくるか、はチームの戦力の大きな底上げに繋がる。

 そこでここでは12球団で台頭が期待される若手をピックアップ。編集部が注目したいブレーク期待の若手を各球団からそれぞれ1人ずつ挙げてみたい。

○セ・リーグ
巨人:横川凱投手
 190センチ、95キロの体格を誇る3年目の左腕。昨年は11月4日の広島戦でプロ初登板を果たすと、11月8日のヤクルト戦でプロ初先発し5回3安打1失点と好投した。2018年の春夏甲子園を連覇した大阪桐蔭のメンバー。9勝した戸郷翔征とは同級生で左右の柱として期待したい投手だ。

阪神:井上広大外野手
 2019年ドラフト2位で入団し、今季が2年目となる大砲候補。昨季終盤には1軍昇格を果たし、1軍の舞台で経験を積んだ。ウエスタン・リーグではリーグ2位タイの9本塁打を放ち、潜在能力はピカイチ。持ち前の長打力で出場機会を増やしたい。

中日:石川昂弥内野手
 3球団競合の末に中日が獲得した次代の大砲候補。ルーキーイヤーは7月12日の広島戦で高卒新人一番乗りで1軍デビューを果たして初安打もマークした。1軍では14試合に出場し、36打数8安打。中日の内野はレギュラーが固定されつつあるが、持ち前の打棒で風穴を開けられるか。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」