野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武ドラ1渡部、増量した体重118キロを球団から指摘「甘いものは控えるように」

「2021年NPB新人選手研修会」が8日にオンラインで行われ、西武ドラフト1位の渡部健人内野手(桐蔭横浜大)も参加した。現在体重118キロで、このままでは12球団を通じ日本人最重量選手として今季開幕を迎える可能性が高い通称「よくばり君」は、寮に隣接した室内練習場で連日200球のマシン打撃に取り組んでおり、減量を見込んでいる。

新人研修会終了後、オンライン取材に応じた西武ドラフト1位・渡部健人【写真:球団提供】
新人研修会終了後、オンライン取材に応じた西武ドラフト1位・渡部健人【写真:球団提供】

球団から「米を摂り甘い物を控えよ」と指示

「2021年NPB新人選手研修会」が8日にオンラインで行われ、西武ドラフト1位の渡部健人内野手(桐蔭横浜大)も参加した。現在体重118キロで、このままでは12球団を通じ日本人最重量選手として今季開幕を迎える可能性が高い通称「よくばり君」は、寮に隣接した室内練習場で連日200球のマシン打撃に取り組んでおり、減量を見込んでいる。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 例年は12球団の新人選手が都内のホテルに集結して行われる研修会だが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響でオンラインに。渡部は「万が一薬物やドーピングに手を出してしまうと、チーム全体に迷惑をかけると感じた。しっかり生活していきたい」と感想を述べた。もっとも、いま注目の的となっているのは体重だ。

 6日に埼玉県所沢市の「若獅子寮」へ入寮した際、昨年10月のドラフト会議で指名された当時より6キロ増の118キロに達したことを告白。ドラフト後に「3、4キロ減らしたい」と口にしていたが、年末年始で昨年日本人選手最重量だったロッテ・井上の114キロを抜いてしまった。西武ではチーム最重量のメヒアと並ぶウエートである。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」