野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天新人に“仙台の洗礼”も… 工夫凝らした練習にドラ1早川「いい知識に」

楽天の新人合同自主トレ3日目が行われた12日、仙台市内は大雪に見舞われ、午前11時の時点で8センチの積雪が観測された。泉犬鷲寮に隣接するウエルファムフーズ森林どりスタジアム泉の両翼101.5メートル、中堅122メートルのフィールドは雪に埋まり、この日予定されていた「遠投」の練習メニューを行うことは不可能に。そこで、ある工夫が講じられた。

ネットに向かいボールを投げ込む楽天・早川隆久(右)【写真:宮脇広久】
ネットに向かいボールを投げ込む楽天・早川隆久(右)【写真:宮脇広久】

積雪8センチでメイン球場すっぽり、気温は氷点下1.7度

 楽天の新人合同自主トレ3日目が行われた12日、仙台市内は大雪に見舞われ、午前11時の時点で8センチの積雪が観測された。泉犬鷲寮に隣接するウエルファムフーズ森林どりスタジアム泉の両翼101.5メートル、中堅122メートルのフィールドは雪に埋まり、この日予定されていた「遠投」の練習メニューを行うことは不可能に。そこで、ある工夫が講じられた。

【PR】反省から飛躍へのきっかけに リーグ連覇のキーマン・巨人桜井が明かしたDAZN(ダゾーン)活用法

 この日は、ドラフト5位の入江大樹内野手(仙台育英高)が欠席。以前から痛みを抱えていた左肩の手術に踏み切る見込みとなった。大阪出身ながら仙台の高校で活躍した入江が離脱したことで、残る支配下5人、育成1人の新人選手の中に、過去に東北・北海道で生活した経験のある選手はいなくなった。気温も練習開始の午前10時の段階で氷点下1.7度。雪と寒さへの対応は、当初から懸念されている部分だった。

「昨年の新人合同自主トレ期間中は晴天の日が多く、遠投も屋外で行えました。今年は雪が多いようですね」と球団関係者は心配そうに外の様子をうかがった。

 それなりの対策はあった。縦42.5メートル、横46メートルの室内練習の真ん中に、天井まで届くようなネットが引かれた。新人選手たちはそれぞれ、約20メートルの距離からネットへ向かい、「遠投するつもり」で角度をつけてボールを投げ込み続けた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」