野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天外野手は15億円、巨人大砲は8億円超 12球団新助っ人を最高年俸で“格付け”

1月も半ばとなり、2021年のキャンプインが迫ってきた。各球団のシーズンに向けた戦力も整いつつあり、新外国人選手もほぼ出揃ったと言えるだろう。

楽天入りのルスネイ・カスティーヨ、巨人入りのエリック・テームズとジャスティン・スモーク(左から)【写真:Getty Images】
楽天入りのルスネイ・カスティーヨ、巨人入りのエリック・テームズとジャスティン・スモーク(左から)【写真:Getty Images】

日ハムのアーリンは1.5億円、楽天コンリーは1.6億円が最高年俸

 1月も半ばとなり、2021年のキャンプインが迫ってきた。各球団のシーズンに向けた戦力も整いつつあり、新外国人選手もほぼ出揃ったと言えるだろう。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 新型コロナウイルスが世界的に広がる中で今季も各球団で多くの助っ人たちが来日する予定。では、今季、新加入の助っ人たちでも過去の実績に秀でた選手はどの選手なのだろうか? これまでのキャリアでの最高年俸を検証し、ランキング形式で上位7人をピックアップしてみよう。

7位 ロビー・アーリン投手(日本ハム)
2019年:145万ドル(約1億5300万円)

 2009年のドラフト3巡目でレンジャーズに入団した左腕のアーリン。パドレスに移籍し、2013年にメジャーデビューを果たすと、メジャー通算115試合に登板。2018年には39試合に登板し、うち12試合で先発。4勝7敗の成績を残すと、2019年には年俸145万ドル(約1億5300万円)の契約を結んでいた。昨季はパイレーツ、ブレーブスで計9試合に登板した。

6位 アダム・コンリー投手(楽天)
2020年:152万5000ドル(約1億6100万円)

 2008年のドラフト32巡目でツインズに入団した左腕のコンリー。マーリンズで2015年にメジャーデビューすると、2016年には25試合に先発して8勝6敗の好成績をマークした。2018年からはリリーフとなり52試合に登板。2019年も60試合に登板すると、オフに152万5000ドル(約1億6100万円)の契約を結んだ。迎えた昨季はメジャー登板なしに終わった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」