ポジション別でみるパ6球団の“弱点”は? ロッテは三遊間、西武&オリは両翼が…

西武・外崎修汰、日本ハム・大田泰示、西武・源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】
西武・外崎修汰、日本ハム・大田泰示、西武・源田壮亮(左から)【写真:荒川祐史】

守備全般での貢献を示す「UZR」で検証、西武は二遊間は圧倒的なプラス指標

 2月1日にキャンプインを迎え、プロ野球は本格的に2021年シーズンが始まる。各球団は昨季の課題に取り組みつつ、3月26日の開幕に向けて臨戦態勢を整えていくことになる。守備面では投手陣の強化とともに、野手陣の安定も欠かせない。各球団の守備の“弱点”はどこにあるのか――。パ・リーグ6球団のポジションごとの“頼もしさ”を守備指標で見てみたい。

 用いたのは、守備全般での貢献を示す「UZR(Ultimate Zone Rating)」。リーグにおける同じ守備位置の平均的な選手が守る場合に比べて、守備でどれだけの失点を防いだかを表す。検証には、セイバーメトリクスの指標を用いて分析などを行う株式会社DELTA(https://1point02.jp/)のデータを参照した。同じ値の場合も、1200イニング換算などで差異が出た順位になっている。

○ソフトバンク
 4年連続日本一の王者は、守備指標でも全体的に安定した数値を出している。中でも一塁が「13.5」で12球団トップに。さらに捕手と遊撃、右翼が2位、中堅が3位とセンターラインを中心に充実していることがわかる。唯一、左翼が「-1.3」でマイナス指標となったが、全体では5位。数値の幅が出にくい投手は「0.1」ながら、順位だけでみると最も悪い9位だった。

○ロッテ
 左翼は「15.4」で12球団トップ、中堅も2位、右翼も3位と外野の盤石ぶりが際立つ。その一方で、藤岡裕大が主に守った遊撃は「-11.6」で10位、安田尚憲が頭角を現した三塁は「-6.5」で9位とマイナス指標に。守備の貢献度では、三遊間が“穴”となっている。

○西武
 源田壮亮の遊撃は「17.7」で12球団トップ。外崎修汰の貢献が大きい二塁も「16.7」で2位と盤石の二遊間となっている。マイナス指標となったのは3ポジション。一塁と左翼は10位で、右翼は11位という結果に。センターラインは揺るぎないだけに、両翼を中心に底上げしたいところだ。

日本ハムは中堅と二塁が12球団ワースト、楽天はバッテリーや中堅、右翼…

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY