野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ポジション別でみるパ6球団の“弱点”は? ロッテは三遊間、西武&オリは両翼が…

2月1日にキャンプインを迎え、プロ野球は本格的に2021年シーズンが始まる。各球団は昨季の課題に取り組みつつ、3月26日の開幕に向けて臨戦態勢を整えていくことになる。守備面では投手陣の強化とともに、野手陣の安定も欠かせない。各球団の守備の“弱点”はどこにあるのか――。パ・リーグ6球団のポジションごとの“頼もしさ”を守備指標で見てみたい。

日本ハムは中堅と二塁が12球団ワースト、楽天はバッテリーや中堅、右翼…

○楽天
 三塁は「12.4」で2位、左翼は「7.9」で3位、一塁は「3.0」で4位と上位だったが、他の6ポジションはマイナス指標で下位に。数値に差がつきにくい投手と捕手はいずれも11位。中堅は9位、右翼は10位と比較的に流動的だったポジションの数値が悪くなった。一方、小深田がシーズン途中からになった遊撃も「-8.9」で8位と貢献度としてはマイナスだった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

○日本ハム
 大田泰示が担った右翼が12球団トップの「15.5」で大きく貢献している。ただ、他のポジションでは遊撃が「4.1」で5位となった以外は目立った数値はない結果に。12球団ワーストの中堅が「-15.0」、二塁が「-15.9」と、守備指標では足を引っ張っている。重要なセンターラインなだけに、底上げは欠かせない。

○オリックス
 二塁と三塁は全体3位と健闘。中堅も4位、遊撃も6位と内野は全体的に安定している状況だが、大きくマイナス指標になったのが外野の2ポジション。中堅は「5.6」で4位ながら、左翼は「-16.4」、右翼は「-14.7」でいずれも12球団ワーストに。吉田正尚やT-岡田、ジョーンズら主力はバットで貢献しているが、守備では厳しい状況だ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」