野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ヤクルトのドラフト1位は育っているか? 山田&村上輩出も、先発投手に課題

12球団にとってチーム編成の根幹を成す毎年のドラフト会議。そこで指名した選手たちが翌年、さらには3年後、5年後のチームを支える存在に育ってくれるかどうかは、球団成績の浮沈を左右する重大事だ。

ヤクルト・山田哲人(左)と村上宗隆【写真:荒川祐史】
ヤクルト・山田哲人(左)と村上宗隆【写真:荒川祐史】

山田は2010年ドラフト“外れ外れ1位”だったが…

 12球団にとってチーム編成の根幹を成す毎年のドラフト会議。そこで指名した選手たちが翌年、さらには3年後、5年後のチームを支える存在に育ってくれるかどうかは、球団成績の浮沈を左右する重大事だ。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 では、各球団は近年どれだけドラフト1位で指名した選手たちを育て上げることが出来ているのか。希望枠、自由獲得枠が廃止され、ドラフトが現行システムとなった2008年以降のドラフト1位指名選手の成績を検証してみよう。

 なお、編集部独自に簡易的ではあるが、採点基準を設定。数多く試合に出場してチームの戦力となっているかを計るために出場試合数に応じた得点制とし、10点満点とした。なお、先発、中継ぎ双方で投げた投手には「先発数×2.5」試合で補正をかけることとした。

・野手:100試合、300試合、500試合、700試合、1000試合出場で1点ずつ
・投手(先発):20試合、50試合、75試合、100試合、150試合で1点ずつ
・投手(中継ぎ):50試合、100試合、150試合、200試合、300試合で1点ずつ
・個人タイトル獲得者:4点ずつ(ベストナイン、ゴールデングラブ賞も含む)

 今回はセ・リーグで2年連続最下位に終わっているヤクルトだ。ヤクルトにとって最大の収穫だったのは2010年の山田哲人で間違いない。この年は大学4年生となった“ハンカチ世代”がドラフトの目玉だった年。山田は斎藤佑樹、塩見貴洋を抽選で外した後の“外れ外れ1位”だったが、結果的にはこの年のドラフトで屈指の出世株となった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」