野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清宮、野村の主軸候補に吉田、ドラ1伊藤…日ハム1軍キャンプ期待の若手は?

2021年のキャンプインまで残すところ1週間。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当面の間は無観客での実施となる12球団の春季キャンプだが、各球団は続々とキャンプインの1、2軍の組み分けを発表している。

野村はレギュラー奪取、清宮は主軸として結果を残したい

・清宮幸太郎内野手

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ3年目の昨季はキャリア最多96試合出場したものの、自己ワーストの打率.190、7本塁打、22打点。17年ドラフトでは高校生最多7球団が競合。鳴り物入りで入団したが、新人から3年連続シーズン7本塁打では定位置奪取には至っていない。年明けは杉谷拳士内野手らと合同自主トレ。今季こそ主軸打者として結果を残したいところだ。

・野村佑希内野手

 高卒2年目の昨季は初の開幕1軍スタート、「8番・三塁」で開幕スタメンに抜擢された。19歳11か月で、日本ハムに所属する10代野手としては2013年大谷翔平(現エンゼルス)以来の快挙だった。シーズン序盤の7月上旬に右手小指を骨折して3か月離脱したものの、21試合出場で打率.257、3本塁打、18打点。7失策と守備に課題を残した。レギュラー奪取へ打撃に守備にアピールが求められる。

・五十幡亮汰外野手

 20年ドラフト2位で中大から入団。50メートル5秒6の俊足が武器で、中学時代に全国大会で2冠に輝いた経歴から「サニブラウンに買った男」の異名を持つ。昨季のチーム80盗塁はリーグ5位。広い札幌ドームを存分に生かした機動力野球の申し子となりたい。

・今川優馬外野手

 北海道・札幌市出身の道産子スラッガー。東海大四高では3年夏の甲子園出場し、東海大北海道では3年春の大学選手権で4強進出に貢献した。JFE東日本では19年の都市対抗で若獅子賞を受賞。20年ドラフト6位での入団となったが、持ち味の長打力を生かして1年目から外野手争いに加わりたい。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」