野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

清宮、野村の主軸候補に吉田、ドラ1伊藤…日ハム1軍キャンプ期待の若手は?

2021年のキャンプインまで残すところ1週間。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当面の間は無観客での実施となる12球団の春季キャンプだが、各球団は続々とキャンプインの1、2軍の組み分けを発表している。

日本ハム・清宮幸太郎(左)と吉田輝星【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎(左)と吉田輝星【写真:石川加奈子】

伊藤、五十幡、古川、今川の新人4選手がキャンプ1軍スタート

 2021年のキャンプインまで残すところ1週間。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で当面の間は無観客での実施となる12球団の春季キャンプだが、各球団は続々とキャンプインの1、2軍の組み分けを発表している。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 2軍でマイペース調整をするベテランがいる一方、ブレークを目指す若手は1軍でアピールしたいところ。昨季は2004年の北海道移転後初めて2年連続Bクラスと低迷した日本ハムでは若手の台頭が渇望されている。新人4選手が入った1軍キャンプに参加する期待の若手たちを見ていこう。

・伊藤大海投手

 地元・北海道出身で身長176センチながら最速156キロを誇る本格派右腕。スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブなど計10種類にも及ぶ多彩な変化球を武器とする。苫小牧駒大では2018、19年と2年連続で侍ジャパン大学代表に選出され、一昨年の日米大学野球選手権ではクローザーを務めて3大会ぶり19度目の優勝に貢献した。先発、救援どちらでもできる右腕は即戦力として期待大だ。

・吉田輝星投手

 プロ2年目の昨季は5試合に登板したが、0勝2敗、防御率8.41。1年目の2019年6月に挙げたプロ初勝利以来の勝ち星はならなかった。イースタンでは3勝3敗、防御率2.56、リーグトップタイの60奪三振と真っすぐの力は十分。エース有原航平がレンジャーズへ移籍。高卒3年目の2021年は先発ローテ入り、春季キャンプで飛躍のきっかけをつかみたいところだ。

・北浦竜次投手

 17年ドラフト5位で入団した左腕は2019年にプロ初勝利。6試合登板して1勝1敗、防御率5.71を記録した。昨季は1軍3試合登板に終わったものの、イースタンでは11試合登板して4勝2敗、リーグトップの防御率1.74をマークした。先発ローテーション争いに割って入りたい。

・古川裕大捕手

 久留米商高を経て、上武大では3年時に侍ジャパン大学代表に選ばれ、持ち味の打撃と強肩で大学ナンバー1捕手との呼び声が高かった。20年ドラフト3位で入団。清水優心、宇佐見真吾ら正捕手争いに加わる。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」