田中将大、楽天復帰は「腰掛けでない」 ヤ軍と「再契約したかった」一問一答

楽天の入団会見に臨んだ田中将大【写真:荒川祐史】
楽天の入団会見に臨んだ田中将大【写真:荒川祐史】

8年ぶり日本球界復帰「ワクワクが抑えられていない状態」

 ヤンキースからFAとなり古巣・楽天入りした田中将大投手が30日、都内で入団会見を行った。8年ぶりに日本球界復帰に至った決断について思いを吐露。会見での一問一答は以下の通り。

(冒頭のあいさつ)
「震災から10年という年で、初めて自分がFAとなってチームを選べる立場にあったわけですが、その中で10年という数字は自分にとって意味のあるタイミングなんじゃないかと思ったので、今回このような決断に至りました」

――8年ぶりの楽天復帰の心境は?
「とてもワクワクしています。また皆さんの前でマウンドに上がって、日本の野球ファンの方々の前で投げられることにワクワクが抑えられていない状態ですね。7年離れていたので、成長した姿をお見せできたらいいなと思っています」

――FAとなって楽天を選んだ理由、決め手は?
「正直な話をしますと、ヤンキースと再契約してまだプレーがしたいという思いがありました。しかし、かなり早い段階で代理人を通じて話を聞いていて、これは別々の道を歩んでいかないといけないんだなと感じました。それ以降、様々なことを考えましたし、今までに考えたことないくらい考えて、悩んで悩んで悩み抜きましたが、1番は自分がどういう野球がしたいのか、どういう環境の中で野球がしたいのかというのが1番だった。自分はイーグルスでプレーして、また日本の方々の前で投げるってことを上回るものは最後までなかったので、こういう決断に至りました」

――いつか楽天復帰の希望は持っていたか?
「少しでも言うと誤解を招いたり、話題が一人歩きしたりするのが嫌で、頑なに答えてこなかった。大前提として楽天イーグルスからオファーをいただけなければ戻りたくても戻れないので(笑)。また必ず日本に帰ってきて楽天イーグルスで、キャリアの晩年ではなくていいタイミングで日本でバリバリと投げたいなという思いはありました」

――8年ぶりの背番号18は?
「やはり18番という番号をつけてプロのキャリアをスタートさせているわけですし、やはり18番はエースナンバーという印象がすごくある。ただ以前つけていたからつけるのではなくて、結果や姿で示していけたらなと思っています」

――2年契約の考えは?
「1年終わった段階で、球団の方とお話をさせていただく機会は設けていただいておりますので、またどういう風になるかは自分の中でも分かりませんが、まだアメリカでやり残したことがあると思っている。そのオプションというのは完全に捨て去りたくなかったので、こういうふうな契約をしていただきましたが、決して腰掛けなどではなく、本気で日本一を取りに行きたい、イーグルスでプレーしたいと心から思っての決断」

対戦嫌がった鷹・柳田は「リップサービスじゃないですか?(笑)」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY