「1人、配置転換を考えている」中日投手コーチが明かした“投手王国”への秘策

期待の投手にも言及「去年、1軍登板ゼロの彼をなぜ北谷組(1軍)に入れているか」

 柳裕也はマツダスタジアムの広島戦で交代を拒む仕草を見せる場面があった。ベンチからマウンドに向かう阿波野コーチに背を向け、センター方向に歩き出したのだ。

「気持ちは分かります。私も現役時代、コーチにボールを渡さないことがありました。ただ、怪我で離脱期間もあったので、無理をさせたくなかったんです。終盤に森下(暢仁)君と投げ合う姿を見て、評価は上がりました」。放送後には「やはり柳と梅津です。この2人が柱になると大きい」と期待。さらにもう1人名前を挙げた。

「笠原(祥太郎)です。去年、1軍登板ゼロの彼をなぜ北谷組(1軍)に入れているか。何と言っても、与田政権初の開幕投手。這い上がって、先発の枠に入って欲しいというメッセージです」

 松葉貴大の存在も光る。

「よく連敗を止めて、チームを救ってくれました。彼は自分を知り尽くしているのが強み。試合前のミーティングでも発言が多いんです。特にアリエル(マルティネス)と組む日は『ゴロを打たせている時が好調だから、そういう配球で行こう』としっかり会話をしていました」

 若手はどうか。

「岡野(祐一郎)の課題は左バッター。球種はあるので、組み立ての問題です。清水(達也)はフォークが得意な縦変化のピッチャー。腕さばきを覚えて、曲がる系(スライダー)をもっと操れると幅が広がります」

 新人の評価は。

「やはり1位の高橋(宏斗)君は魅力たっぷり。まだバラつきはありますが、力がボールに伝わっています。2位の森(博人)君は読谷(2軍)スタートですが、ファンはがっかりしないで欲しい。150キロ以上を投げるピッチャーはこの時期に煽ると、取り返しがつかないことになるので、うまく離陸させたいんです。4位の福島(章太)君は腕の使い方がコンパクトで出所が見づらい。実戦登板まで時間がかからないかもしれません」

 抑えはどうするのか。

「筆頭はライデルです。彼はうまくいかないことを自分で潰してくる。2段モーションにしたり、体をねじったり、フォームを微妙に変えるんです。こちらが理由を聞くと、必ず答えが返ってくる。よく考えています」

「1人、配置転換を考えているんです」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY