「1人、配置転換を考えている」中日投手コーチが明かした“投手王国”への秘策

中日・福谷浩司(左)と柳裕也【写真:荒川祐史】
中日・福谷浩司(左)と柳裕也【写真:荒川祐史】

阿波野秀幸1軍投手コーチが今シーズンの投手陣を分析

 沢村賞の大野雄大や試合終盤を締めたR・マルティネス、祖父江大輔、福敬登の活躍などで中日は昨年、8年ぶりにAクラスに入った。今年はどうか。1月16日、阿波野秀幸1軍投手コーチがCBCラジオ「若狭敬一のスポ音」に出演し、各投手への期待、分析、構想を語った。放送後の話も含めてここに紹介しよう。まずは大野雄について。

「自分のやるべきことを継続できたことが活躍の要因でしょう。彼は間合いが独特で足が着いて腕が遅れて来るので、ボールへの力の伝え方が課題でした。練習を繰り返して最後の一押しができるようになり、バッターを差し込めるようになりました」

 絶対的なエース左腕を、今年も開幕からエースにぶつけるのか。あるいは曜日をずらし、勝つ確率を上げるのか。

「まだ開幕投手は決めていません。去年の起用は相手ではなく、コンディションを重視しました。広島の大瀬良(大地)君をはじめ、各チームのエースが離脱したので、それを避けるためにシーズン終盤は登板間隔を開けました。エース対決を避けるのは選択肢の1つです」

 8勝を挙げた福谷浩司には賛辞を送った。

「彼の活躍なしでは語れません。よくぞ出て来てくれました。一昨年の腰痛を思うと、感動的です。彼はコーチ要らず。自分でプログラムして練習できる。ただ、先発経験が少ない分、今は1回から全力。だから、交代のタイミングは冷静に見極めていました」

 大野雄、福谷に続く柱が欲しい。

「梅津(晃大)も力は持っています。延長10回を投げた試合は彼の負けたくない気持ちに私が押されました。ストイックなので、こちらがブレーキを掛けないといけません。まだ不安定なところがあって怪我に繋がりましたが、もう故障は癒えています」

期待の投手にも言及「去年、1軍登板ゼロの彼をなぜ北谷組(1軍)に入れているか」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY