犠牲フライ【意外と知らない野球用語】

犠牲フライ

 走者がいる無死か1死の場面で、打者が外野にフライを放ち、野手が捕球した際に走者がタッチアップして本塁に到達すること。犠飛とも言う。犠打とは違い、得点が記録された場合にのみ記録される。

 通常、犠飛が記録されるのは外野フライの場合だが、内野手が外野まで回り込んで捕球したと判断されれば犠飛として認められる。外野がエラーした場合、エラーしていなくても得点できたと判断されれば犠飛が認められる。

 打数には含まれないため、犠飛や犠打で打率は下がらない。一方で、現行の計算では犠飛では出塁率が下がる。NPBにおける犠飛数の通算1位は野村克也(南海、ロッテ西武)の113。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED