タッチアップ【意外と知らない野球用語】

タッチアップ

 進塁方法のひとつ。打者がフライを打った際、走者は一度帰塁し、捕球もしくは野手に触れた時点で次の塁へ進むことができる。タッチアップで本塁に生還すれば、打者に打点が記録される。

 捕球前に走者が進塁した場合、守備側のアピールプレーがあればアウトになる。2006年の第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、タッチアップで生還した西岡剛がアピールプレーでアウトと判定され「世紀の大誤審」と報道された。

【関連用語】
犠牲フライ

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED