ワンシーム【意外と知らない野球用語】

ワンシーム

 正式にはワンシームファストボールと呼び、投手の利き手方向に沈む軌道を描く。縫い目が縦に1本に見えることから、ワンシームという名前がついた。ツーシームに近いボールだが、ツーシームより球速が遅く、変化が大きい。指先の力の入れ具合により、様々な変化をすることがある。

 日本では、菅野智之、山口俊らがこのボールを習得して、認知されるようになった。

【関連用語】
フォーシーム

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED