ツーシーム【意外と知らない野球用語】

ツーシーム

 直球に近いスピードで、小さく投手の利き腕方向に曲がる変化球。ツーシームファストボールとも。ボールが縦方向に1回転する際、回転とは垂直に縫い目(シーム)が2回見えることから、こう呼ばれている。日本で旧来、シュートと呼ばれてきたボールに近い。

 フロントドアを駆使して活躍した黒田博樹のような“横に鋭く曲がる”軌道や、山崎康晃の“縦に落ちるフォークに近い”軌道など、投手によって違いが大きい。

「野球用語辞典」トップへ戻る

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED