野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・松井裕樹が明かす“師匠”田中将大の凄さとは? 「靴下にまで細かく気を…」

今季から楽天の抑えに復帰する松井裕樹投手は、プロ1年目のオフから7年連続で田中将大投手と自主トレをともにしてきた。沖縄・金武町キャンプ初日の練習終了後、8年ぶりにチームに復帰する7歳上の“師匠”の凄さを語り尽くした。

楽天・松井裕樹(左)と田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・松井裕樹(左)と田中将大【写真:荒川祐史】

2018年最多セーブが昨年の先発転向経て抑え復帰

 今季から楽天の抑えに復帰する松井裕樹投手は、プロ1年目のオフから7年連続で田中将大投手と自主トレをともにしてきた。沖縄・金武町キャンプ初日の練習終了後、8年ぶりにチームに復帰する7歳上の“師匠”の凄さを語り尽くした。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 田中将の凄さを語る松井の目は光り輝いていた。「田中さんほどになれば、毎年同じようにやっていけばいいのかなと思ってしまうのですが、常にモデルチェンジして、より良くなるように工夫されている」と熱弁を振るう。具体例として「投球フォームに修正を加えたり、グラブの閉じ方、靴下にまで細かく気を配っている」と指摘した。

「グラブの閉じ方」とは、相手打者に球種がバレないグラブの使い方とか、そんな話ではないのだ。「グラブそのものの構造の話です。グラブというのは2枚の革を結び付けてできていますが、紐の通し方で閉じ方が変わってくるのだと教わりました。指の入れ方によっても、もちろん変わります」と説明する。

 一方、田中将の靴下は、親指と他の指の部分に分かれた“足袋”型だとか。松井は「僕は5本指に分かれた靴下を使っていたのですが、5本全部を意識するより、親指の力をしっかり使うために、親指とそれ以外という分け方の方がいいそうです」と明かし、「僕も一昨年から真似していて、感覚がいい」と笑った。

 今季から「田中さんが近くにいることで、学べる時間が増える」と松井が目を輝かせているのは当然。他の投手にも好影響を与えそうだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」