野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・工藤監督、ハイレベルな先発争い期待 高橋礼に「結果が出なければ中継ぎに」

宮崎キャンプ2日目のソフトバンクは、工藤公康監督がブルペンで武田翔太投手を40分近く付きっきりで指導したほか、王貞治会長や城島健司球団会長付特別アドバイザーが熱血指導する姿が見られた。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:代表撮影】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:代表撮影】

王会長、城島アドバイザーの熱血指導に「どんどん教えていただきたい」

 宮崎キャンプ2日目のソフトバンクは、工藤公康監督がブルペンで武田翔太投手を40分近く付きっきりで指導したほか、王貞治会長や城島健司球団会長付特別アドバイザーが熱血指導する姿が見られた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キャンプ2日目は午前中から1キロ走2本というランニングメニューに加え、初日から続くスクリーニングテストを実施。午後、和田毅や森唯斗らA組8投手が連日のブルペン投球を始めると、工藤監督は武田のもとに歩みよった。

 武田に対して「筋肉ではなく骨で投げろ」と指導した指揮官。その真意を尋ねると「脱力ですね。まだ2日目だし、自分でもいい球を投げようとしていますが、もっと下(半身)が動くようになれば、もっと楽にいい球が投げられるよと話しました」と、アドバイスを送ったことを明かした。

 まだまだ伸びしろを感じているようで「もっと体を使えれば150キロは平気で出せる投手。今年に賭ける思いもあるでしょうし、少しでもプラスになってくれればなと思います。14勝もしている投手ですからポテンシャルは高い」。その実力を認めたうえで「まだそんなに変化球を投げる時期ではないし、ストレートの感覚を磨く時期なんで、体を使った投げ方を覚えてくれたら自分を取り戻すことができると思います」と口にした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」