野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

プロ入り転機は高校時代のアンダースロー ロッテ最速148キロ右腕・横山の挑戦

ロッテのサイド右腕・横山陸人投手は、2年目の春季キャンプを順調に滑り出した。「順調には来ているかなと思います。ピッチングで多少コントロールにばらつきはあったんですけど、思った通りの強い球を投げられました」。2日目の練習を終え、19歳は軽くうなずく。

ロッテ・横山陸人【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】
ロッテ・横山陸人【写真提供:千葉ロッテマリーンズ】

今季の目標は「まずは1軍で投げること」

 ロッテのサイド右腕・横山陸人投手は、2年目の春季キャンプを順調に滑り出した。「順調には来ているかなと思います。ピッチングで多少コントロールにばらつきはあったんですけど、思った通りの強い球を投げられました」。2日目の練習を終え、19歳は軽くうなずく。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ルーキーイヤーの昨季は1軍デビューが遠く、2軍で11試合に登板。マウンドで見つけたのは課題だらけだった。「自分は結構打たれることが多かったので、あらためて1軍で投げている投手は凄いなと思いました」。イースタン・リーグで15イニングを投げ、10失点。高卒で飛び込んだプロの世界で、自分のボールが通用しなかった。

 今季の課題は、変化球の精度。「悪いカウントにしたときに、変化球でカウントがとれれば武器になる。しっかりと変化球でも腕を振るっていうところから始めて、ベース盤の上にどんな状況でも投げきれるのを目指してやっています」と目標を定めている。

 サイドスローから投げ込む最速148キロの直球を買われ、2019年のドラフト4位で入団。ファウルを取れる球の強さが、プロ人生の生命線にもなる。そんな最大の武器は、専大松戸高時代の“ムチャ振り”によって培われた。

 高校1年の冬、持丸修一監督に突然アンダースロー転向を命じられた。特に理由は聞かされず、2年の春まで続けた。「正直、アンダースローにしている時は、上手くいかないことが多くて、だいぶ苦しかったです」。自身は暗中模索だったが、持丸監督には確固たる狙いがあった。

 もともと硬かった肘の柔らかさやしなりを出すためのアンダースロー。数か月へて横手投げに戻すと、球速は6キロアップして136キロに。「直してみたら、自分の中で納得する球が投げられるようになったので、良かったなと思っています」。高校3年時には148キロまで伸び、プロ入りの切符を手に入れた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」