野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天石井監督はあえて「壁に当たってほしい」 ドラ1早川の初ブルペンに“注文”

最速155キロを誇る楽天のドラフト1位ルーキー、早川隆久投手が2日、沖縄・金武町でのキャンプ2日目に初めてブルペン入り。捕手を座らせストレートのみ37球を投じた。セットポジションから時折クイックモーションを交えるなど、実戦派ぶりを伺わせた。

ブルペンで話し込む楽天・下妻貴寛(左)と早川隆久【写真:宮脇広久】
ブルペンで話し込む楽天・下妻貴寛(左)と早川隆久【写真:宮脇広久】

「考え過ぎずに少しアバウトな感じでいってほしい」

 最速155キロを誇る楽天のドラフト1位ルーキー、早川隆久投手が2日、沖縄・金武町でのキャンプ2日目に初めてブルペン入り。捕手を座らせストレートのみ37球を投じた。セットポジションから時折クイックモーションを交えるなど、実戦派ぶりを伺わせた。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 実戦を意識したブルペンにドラ1左腕は「ランナーが出れば、クイックで投げることが大半になると思う。クイックの割合を多くしていかないといけないと思います」と説明。昨季1軍戦43試合に出場した下妻を相手に、コースを予告しながら投げ込み、「今日は体の開きを抑えるように、ボディコントロールを意識しました。ある程度はできたので、ここから球の出力(球威)を上げていければ」とうなずいた。

 その早川のピッチングを見守り、終了後には2人で話し込む一幕もあった石井一久GM兼監督。その後のオンライン会見では、あえて「(早川には)壁に当たってほしい」とハッとさせるような言葉を使った。

 新人にして理論派の早川に、指揮官は「凄くよく考えていると思う。ただ、こちらとしては、あまり考え過ぎずに少しアバウトな感じでいってほしいという思いもある」と吐露。「備えあれば憂いなしと、あらかじめいろいろ考えるより、壁に当たりながら解決していってほしい。そっちの方が、選手として大きくなると思う」と真意を説明した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」