野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・松田を突き動かす向上心 GG賞の連続受賞途切れても「10回を目指している」

ソフトバンクの”元気印”と言えば、37歳のベテラン松田宣浩内野手をおいて他にはいないだろう。1日から始まった宮崎キャンプでも、無観客にも関わらず連日ハッスル。球場の外にまで響き渡る大声で、チームの空気を盛り上げている。

キャンプで守備練習をこなすソフトバンク・松田宣浩【写真:福谷佑介】
キャンプで守備練習をこなすソフトバンク・松田宣浩【写真:福谷佑介】

若手の元気のなさに物足りなげ「微々たる部分かもしれないけど、大事な部分」

 ソフトバンクの”元気印”と言えば、37歳のベテラン松田宣浩内野手をおいて他にはいないだろう。1日から始まった宮崎キャンプでも、無観客にも関わらず連日ハッスル。球場の外にまで響き渡る大声で、チームの空気を盛り上げている。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 昨季はシーズンを通して打撃の状態が上向かず、116試合の出場に終わった。2014年から続けていた連続試合出場は815試合でストップ。打率.228、13本塁打に終わり、2013年から7年連続で受賞していた三塁手でのゴールデン・グラブ賞も逃すことになった。ただ、松田の“熱い”ハートは、今季に向けてより一層燃えている。

 第2クール初日となった5日の練習でもチームの先頭に立ってハッスル。シート打撃、フリー打撃と全体メニューをこなすと、若手のリチャード内野手、“マスオ”こと増田珠内野手とともに特守に臨み、大きな声をあげながらノックの嵐を浴びる元気さは若手をも凌ぐものだった。

 特守を終えた松田は「もっと来てほしいって感じだよなー、もっともっと来る感じがあってもいいんだけど」と若手の覇気に物足りない様子。「野手として微々たる部分かもしれないけど、大事な部分。ダラダラやってたら意味はないし、ピリピリやりたい」と、自身が大切にする声の重要性を説いた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」