野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、初ブルペン一問一答 NPB球は「現状大丈夫」、変化球は「良かった」

楽天に復帰した田中将大投手が7日、沖縄・金武町での1軍キャンプ第2クール2日目でブルペン入り。変化球を交え52球、力のこもった投球を見せた右腕の主な一問一答は以下の通り。

ミット音は「向こう(アメリカに)行って気にならなくなった」

――マウンドの柔らかさ、投げやすさ
「やっぱり柔らかかったりすると軸足がつかなかったり、掘れたり動いたり微妙に力を入れるタイミングがズレる。自分が思っているように投げれないことで乱れたりするので、それをどう最小限に食い止められるか」

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

――変化球は一通り全て投げていた
「現状、自分が思っているより投げられた。良かったと思う動きもそうですし」

――投球後は太田と会話する姿も
「『すいません、あんまり音出せなくて』と。こっちからしたら音は鳴っていたので。音の事は気にしなくていいから、ストライクはストライク。際どい所をストライクとってもらえるキャッチングしてくれたらいいんで、と言いました」

――ミット音は気にならない?
「向こう(アメリカに)行って気にならなくなった。向こうはそんなの全然関係ない。逆に気持ちよくなっちゃうので、ああいうバチンと音なっちゃうと。力が入っちゃう自然と」

――ブルペンではいい音が鳴っていたが力は入った?
「入りましたよ。皆さんのせいですよ(笑)。そういう時こそオーバーワークにならないようにコントロールしながら。自分が思っている以上に投げられたのでそれは確実にプラス材料」

(宮脇広久 / Hirohisa Miyawaki)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」