野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「まだ作戦以前の段階」 白星発進の楽天・石井監督が今後目指す野球は?

今季から現場の指揮を執る石井一久GM兼監督が13日、キャンプ地の沖縄・金武町で行われたロッテとの練習試合に8-3で快勝。対外試合初采配の試合を白星で飾った。監督デビュー戦に“石井イズム”は見えただろうか……。

試合前にナインに声をかける楽天・石井一久GM兼監督(右から2番目)【写真:荒川祐史】
試合前にナインに声をかける楽天・石井一久GM兼監督(右から2番目)【写真:荒川祐史】

「アピールしてくれてよかった」と若手の奮闘に満足げ

 今季から現場の指揮を執る石井一久GM兼監督が13日、キャンプ地の沖縄・金武町で行われたロッテとの練習試合に8-3で快勝。対外試合初采配の試合を白星で飾った。監督デビュー戦に“石井イズム”は見えただろうか……。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 真夏のような強い日差しが照りつけたかと思えば、にわか雨……。交互に何度も繰り返される天候の下で9イニングを戦い終えた石井監督は「ベンチが西日でなくてよかった。それとベンチがちょっと狭い。本球場(本拠地・楽天生命パーク宮城)はもう少しゆったり座れると思います」とユーモアたっぷりに初采配を振り返った。

 実際、ベンチの後列左端(本塁寄り)の一角に身長185センチ、体重100キロ、ユニホームのサイズ5XLの巨体を収める姿は窮屈に見えた。

「選手たちは今、チームの作戦に沿ったことができるかどうか以前に、1軍のふるいにかけられている状態。そういう中で、しっかりやってくれていると思う。これから実戦を重ねていけば作戦も入ってくる。まずは自分をアピールしてくれたので良かった」

 現在1軍キャンプに参加している4人の捕手のうち、最も若い21歳の石原彪捕手がこの日「6番・DH」で出場。4回2死二塁では左中間を深々と破り、172センチ、96キロの巨体を飛ばして三塁を陥れた。さらに7回にも左越え適時二塁打。1・2軍のボーダーライン上にいる選手の奮闘に、指揮官は相好を崩した。

 投手陣でも、石井監督が「先発の5、6番手を争う存在」と見ている瀧中瞭太投手が先発して2回を1安打無失点。上々のスタートを切った。救援陣も、5回から3番手で登板した菅原秀投手が安田の強烈なライナーを右太ももに受け、降板を余儀なくされたのは不運だったが、2番手の池田隆英投手、4番手の津留崎大成投手が2イニングずつ無失点に抑えた。「投手陣の(1軍ボーダーラインの)8、9番目のスポットを何人かで争っている状態。危機感、競争意識を持って投げてくれたと思います」とうなずいた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」