野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大は配球もメジャー流 楽天捕手が感じた“意図”「打者は嫌がると思う」

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は17日、沖縄・金武キャンプで5度目のブルペンに入り36球を投げ込んだ。いよいよ今季初の実戦登板となる20日の日本ハムとの練習試合(金武)で、メジャー7年間の経験値をプラスした“ニュー・マー君”の一端を披露する。

楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

「意識を持ったことのない投手が田中さんを見て変わるかもしれない」

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手は17日、沖縄・金武キャンプで5度目のブルペンに入り36球を投げ込んだ。いよいよ今季初の実戦登板となる20日の日本ハムとの練習試合(金武)で、メジャー7年間の経験値をプラスした“ニュー・マー君”の一端を披露する。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 田中将は過去4度のブルペン入りで、1軍キャンプに参加中の捕手4人全員と1度ずつコンビを組んだ。この日は昨季、チーム最多の67試合でマスクを被った太田光と7日の初ブルペン以来2度目の組み合わせ。田中-太田の”爆笑問題バッテリー”の呼び名が浸透しつつある2人である。

「田中さんはブルペンでも1球1球意図を持ち、強いイメージを持って投げている。それが捕る側にも伝わってきます」と太田は述懐する。

 マー君自身、24勝0敗という超人的な活躍で楽天をリーグ優勝と日本一に導いた8年前とは、同じピッチングスタイルではない。太田はブルペンや宿舎の食事会場で幾度となく田中将と会話を交わし、「日本で主流といわれる攻め方とは違う」と感じるようになった。実戦では「まず田中さんがアメリカでやってきた組み立てでやってみて、相手打者の反応を見たい。おそらく打者にとっては、あまり経験したことのない攻め方をされることになるので嫌がると思う」と言う。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」