野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天・石井監督が次代のスター候補に課す高いハードル「1軍レベルに達していない」

今季から現場の指揮も執る楽天・石井一久GM兼監督が、チームの次代を担うスター候補にあえて高いハードルを課している。2年目・19歳の黒川史陽内野手が18日のロッテとの練習試合(沖縄・金武)に「7番・二塁」でフル出場し、3打数3安打1打点と爆発したが、まだまだ手綱は緩めない。

楽天・黒川史陽【写真:荒川祐史】
楽天・黒川史陽【写真:荒川祐史】

智弁和歌山の先輩・東妻から決勝のタイムリーを放つ

 今季から現場の指揮も執る楽天・石井一久GM兼監督が、チームの次代を担うスター候補にあえて高いハードルを課している。2年目・19歳の黒川史陽内野手が18日のロッテとの練習試合(沖縄・金武)に「7番・二塁」でフル出場し、3打数3安打1打点と爆発したが、まだまだ手綱は緩めない。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 黒川は2回の第1打席で中前打を放つと、4回の第2打席では詰まりながらも、打球をレフト、センター、ショートの真ん中にポトリと落とし、相手守備の混乱に乗じて一気に二塁を陥れた。1-1の同点で迎えた6回2死二塁では、高校の先輩である東妻の速球を中堅右へはじき返し決勝点をもぎ取った。

 若手の期待株は、これまでの練習試合2試合では計8打数無安打と結果が出ていなかっただけに「常に誰にも負けたくない、1番アピールして目立ちたいと思っています」と笑みを浮かべた。「どうすれば結果が出るかと考えながら打席に入りました。これまで基本的に真っすぐに対応できていなかったので、高めの真っすぐに打ち負けないようにと心がけました」と明かした。

 さらに「試合中に(ベンチ裏の)クラブハウスで、島内(宏明外野手)さんから『禁断の果実を食べたら打てるで』と勧められたリンゴを食べたら、(決勝打を)打てた」とエピソードを披露したあたり、気が利いている。

 二塁の守備でも再三、二遊間、あるいは一、二塁間を抜けそうな強いゴロに追いつき、ベンチから「球際がいいよ!」と称賛の声が上がっていた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」