野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「野球が進んでいない」 元日ハム守護神、武田久氏が感じるアマ球界の問題点とは

日本ハムで通算167セーブを挙げた武田久氏は現在、社会人野球の日本製鉄東海REXのコーチを務めている。コンディショニングの大切さを説く武田氏に、指導論から日本ハムの後輩たちへの思いまで語ってもらった。3回に分けてお届けする。

日本製鉄東海REXのコーチを務めている武田久氏【写真提供:日本製鉄東海REX】
日本製鉄東海REXのコーチを務めている武田久氏【写真提供:日本製鉄東海REX】

現在は社会人の日本製鉄東海REXのコーチを務める

 日本ハムで通算167セーブを挙げた武田久氏は現在、社会人野球の日本製鉄東海REXのコーチを務めている。コンディショニングの大切さを説く武田氏に、指導論から日本ハムの後輩たちへの思いまで語ってもらった。3回に分けてお届けする。【石川加奈子】

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 現役時代は低い重心から浮き上がるような直球を投げ込み、シュートで内角を攻めていく強気な投球が印象的だった。セットアッパーとして2006、07年のリーグ連覇に貢献、09年以降はクローザーとして最多セーブに輝くこと3度。修羅場をくぐり抜ける度に、気持ちの強さがクローズアップされたが、武田氏にその自覚はなかったという。

「強い人はいないと思っているので。強くないから、できるだけのことをしっかりやって、マウンドで開き直れるようにと思っていました。ベテランになっても、マウンドに上がるのは怖い。怖いと思うから緊張するし、緊張感が増すから集中力が増すという感じです」。そう言った後で武田氏は続けた。「心技体という言葉があるじゃないですか。僕はみんなに『体技心だよ』と話しています」。

 指導者として最も大切にしているのは、コンディショニングだ。「健康的な体があるから、しっかり練習ができる。体がしっかり動ける状態だから技術も身につく。そこでやっと心ですよね。やるべきことをやったから、自信もつくし、マウンドの上で、気持ちで負けないぞとなる。抑えてやろうと思ったって、根拠がなきゃ無理じゃないですか。まず体力、次に技術という順番を今の選手に話しています」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」