野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日米の違いで故障の危険性も順応 トレーナーも驚く田中将大の「PDCA」力とは?

楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手。メジャーとは違うボール、マウンド、中4日から中6日に変わる先発ローテーションなどに、もう1度対応し直さなければならない。技術はもちろん、体の順応も求められている。その部分を担っているのが、球団コンディショニング部コンディショニンググループマネジャーの星洋介氏である。

田中将大のトレーニングを主導する星洋介氏(左)【写真:宮脇広久】
田中将大のトレーニングを主導する星洋介氏(左)【写真:宮脇広久】

同期入団の星トレーナー「成功体験を積み重ねても全く変わらない」

 楽天に8年ぶりに復帰した田中将大投手。メジャーとは違うボール、マウンド、中4日から中6日に変わる先発ローテーションなどに、もう1度対応し直さなければならない。技術はもちろん、体の順応も求められている。その部分を担っているのが、球団コンディショニング部コンディショニンググループマネジャーの星洋介氏である。【宮脇広久】

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 星氏は主に投手陣の体の状態を常にチェックし、トレーニングメニューを考案して主導。ストレッチなどでケアまで行い、選手たちからの信頼が厚い名トレーナーだ。田中将とは気の置けない仲のようで、ウォーミングアップ中には、ふざけてプロレス技のスリーパーホールドを掛けられたり、軽い膝蹴りを食らったりしている。

 マー君より9歳上の41歳だが、2007年楽天入団の“同期”。「最初は僕の方がちょっと威厳があったのですが、2011年に田中が19勝を挙げて初めて沢村賞を獲得したあたりから、向こうのグレードが上がって、イジられ具合が増しました」と苦笑する。田中将はヤンキース時代も、シーズンオフには楽天の球団施設を借りて自主トレを行っていたため顔を合わせる機会が多く、シーズン中もメールやLINEのやり取りをしていたとあって「“久しぶり感”はないですね」と言う。

「実際、全く変わっていないところが、逆に凄い。ニューヨークという厳しい環境で成功体験を積み重ねてきたけれど、調子に乗っているところも、もちろん見下すようなところもない。みんなとコミュニケーションを取って話しやすい雰囲気を作っているのは、さすがだなと思います」と目を細める。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」