野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、27日に2度目登板 中田に3ラン浴びた前回を「例外」と見ていい根拠とは?

8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中将大投手は、27日のヤクルトとの練習試合(沖縄・浦添)で今年2度目の実戦マウンドに立つ。20日の実戦初登板は日本ハム・中田翔内野手に3ランを浴び2回3失点の“ほろ苦スタート”となったが、チーム内では「投球内容はここからぐんぐん良くなる」との見方が強い。その根拠とは──。

日本ハム・中田翔に3ランを浴びた楽天・田中将大【写真:荒川祐史】
日本ハム・中田翔に3ランを浴びた楽天・田中将大【写真:荒川祐史】

20日の初登板は最も柔らかいとされる沖縄・金武での試合だった

 8年ぶりに日本球界に復帰した楽天・田中将大投手は、27日のヤクルトとの練習試合(沖縄・浦添)で今年2度目の実戦マウンドに立つ。20日の実戦初登板は日本ハム・中田翔内野手に3ランを浴び2回3失点の“ほろ苦スタート”となったが、チーム内では「投球内容はここからぐんぐん良くなる」との見方が強い。その根拠とは──。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 田中将は楽天のキャンプ地である沖縄・金武町ベースボールスタジアムで実戦初登板した際、カチンカチンのメジャーとは大違いの柔らかいマウンドに戸惑った。6日のキャンプ合流後、同じ土質のブルペンでピッチングを重ねてきたが、「やはり試合ならではの出力というか、エネルギーの使い方というものがあって、ブルペンの感覚とは違いました」と説明した。

 石井一久GM兼監督は「一般的には、最近は日本のマウンドも硬い。僕が帰って来た頃(石井監督が現役時代にメジャーからヤクルトに復帰した2006年)よりは全然硬くなっている。金武が一番柔らかい」と言う。

 その点、田中将の2度目の実戦登坂の舞台となる「ANA BALL PARK浦添」はヤクルトのキャンプ地で、金武に比べるとマウンドはかなり硬いとされる。石井監督が「内間はちょっと硬いマウンドに立ったら、体の使い方がスムーズに行った」と指摘するように、ドラフト4位ルーキーの内間拓馬投手(亜大)は21日に浦添でのヤクルトとの練習試合に登板し、1イニング3者三振の快投を演じた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」