野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • 「そんなのしょうがないやん」ダルビッシュが救われた“伝説の投手”野茂氏の言葉

「そんなのしょうがないやん」ダルビッシュが救われた“伝説の投手”野茂氏の言葉

パドレスのダルビッシュ有投手が25日(日本時間26日)、打者を相手に初めての実戦投球を行った。左右2人の打者が交互に打席に入り、延べ7人に22球を投げ、1本塁打を含む2安打3三振の内容。テーマにしたのは「ストライクを投げることと、打者に当てないこと」。四死球はなく、最速95.2マイル(約153キロ)の直球と織り交ぜたカッター、スライダー、ナックルカーブ、ツーシームに「全部良かったと思います」と納得の表情を見せた。

パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】
パドレス・ダルビッシュ有【写真:AP】

初のライブBPでは最速95.2マイル(約153キロ)をマーク「元気に投げることができた」

 パドレスのダルビッシュ有投手が25日(日本時間26日)、打者を相手に初めての実戦投球を行った。左右2人の打者が交互に打席に入り、延べ7人に22球を投げ、1本塁打を含む2安打3三振の内容。テーマにしたのは「ストライクを投げることと、打者に当てないこと」。四死球はなく、最速95.2マイル(約153キロ)の直球と織り交ぜたカッター、スライダー、ナックルカーブ、ツーシームに「全部良かったと思います」と納得の表情を見せた。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 練習後にオンライン会見で対応。自軍の打者相手に投げる「ライブBP」に初登板した率直な感想を「すごく今日はコントロールも良くて、元気に投げることができました」と表した。いきなり2者連続の空振り三振を奪うなど5球種を駆使し、テーマにした“無死球”をクリア。さらに、収穫はイメージ通りの“指先”と掘り下げた。

「リリースの最後の瞬間まで、細部までちゃんと自分の意志のまま動けているという感じ。スピンも効いていたし、動かしたいように動かせたし。そういう意味では、指先の感覚とかに関してはすごく早い感じで進んでいるかなとは思います」

 左打者の内角を狙い被弾した一投にも「ちょっと指先に引っかけた分、捉えられたかな」と納得している。

 2016年からパドレスの球団アドバイザーに就任している野茂英雄氏から、ここまでフォークのアドバイスを受けているが、骨格の違いは一連の投球動作で力の出し方も異なり、直伝の宝刀をそっくり再現することは不可能。しかし、ブルペンでの試行錯誤は、持ち球の質を高めるためのヒントにつながっている。

「自分の体に置き換えていかに近い球を表現するか。スプリットだけじゃなくて、他の変化球にも応用できることが沢山あると思うので。そういうところを楽しみにしてこれからもやっていきたいと思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」