野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

中日・根尾が頑なに「遊撃」にこだわる理由 追い求める“理想のアイデンティティ”

プロ3年目のレギュラー奪取に向け、練習試合で猛アピールを続けている中日の根尾昂内野手。チーム事情や秘めたポテンシャルを考えると、外野の方が1軍への道は近いとの声もあるが、自身はあくまで遊撃での定位置を目指す。ともすれば頑なにも映る思いは、プロに入ってさらに増した追い求めるアイデンティティでもある。

中日・根尾昂【写真:荒川祐史】
中日・根尾昂【写真:荒川祐史】

「優先順位は1番上」今キャンプでは練習試合でアピール続ける

 プロ3年目のレギュラー奪取に向け、練習試合で猛アピールを続けている中日の根尾昂内野手。チーム事情や秘めたポテンシャルを考えると、外野の方が1軍への道は近いとの声もあるが、自身はあくまで遊撃での定位置を目指す。ともすれば頑なにも映る思いは、プロに入ってさらに増した追い求めるアイデンティティでもある。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「試合に出られるなら、どこでも」。1軍定着を目指す選手たちは、よくそう口にする。結果が求められる世界で、なりふり構っていられないのも当然。チームにとっても、複数ポジションをこなせる“ユーティリティ選手”は重宝される。ただ今の根尾に、“どこでも”という思いは見当たらない。

「できるならショートでやりたい。そこで試合に出たいというのが1番の思いなので。そのために今自分にできることをやっています。優先順位は1番上ですね」

 もちろん首脳陣から外野転向を命じられれば従うのみだが、チャンスをもらえている間はこだわりたい。「1軍のレギュラー」ではなく「遊撃のレギュラー」をピンポイントで狙いにいく。「そのためには、守備でもバッティングでもアピールしていかなければいけないのは分かっています」。春季キャンプでは、立浪和義臨時打撃コーチと「間合い」をテーマに振り続け、荒木雅博内野守備走塁コーチとは守備の基本動作を何百、何千と繰り返してきた。

 誰もが心待ちにする、最短距離でのブレーク。遠回りする可能性もあるのに、なぜそこまで遊撃にこだわるのか――。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」