野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

楽天野手陣も競争激化でポジション奪うのは誰? 若手の成長に鈴木大、銀次も危機感

田中将大投手の8年ぶりの復帰で俄然盛り上がる楽天だが、キャンプ、練習試合を通じ野手陣でも若手が急成長している。3年目・24歳の辰己涼介外野手は石井一久新監督から“キャンプMVP”に選ばれ、2年目・19歳の黒川史陽内野手は25日のDeNAとの練習試合で5打数5安打の大当たり。これを受け中堅、ベテランの目の色が変わった。石井監督にとってはしてやったりの展開だ。

楽天・辰己涼介(左)と黒川史陽【写真:荒川祐史】
楽天・辰己涼介(左)と黒川史陽【写真:荒川祐史】

「1番・中堅」を固めつつある辰己ら若手が猛アピール中

 田中将大投手の8年ぶりの復帰で俄然盛り上がる楽天だが、キャンプ、練習試合を通じ野手陣でも若手が急成長している。3年目・24歳の辰己涼介外野手は石井一久新監督から“キャンプMVP”に選ばれ、2年目・19歳の黒川史陽内野手は25日のDeNAとの練習試合で5打数5安打の大当たり。これを受け中堅、ベテランの目の色が変わった。石井監督にとってはしてやったりの展開だ。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 26日のヤクルトとの練習試合(浦添)では、鈴木大地内野手が「3番・一塁」でスタメン出場し、3回1死満塁での第2打席で左前適時打。4回2死一、二塁の第3打席でも一塁強襲の連続タイムリーを放った。それでも、ロッテからFA移籍し2年目を迎えた31歳は、前日の黒川の5打数5安打もあり「周りがすごく打っているので、置いていかれないように、アピールできるようにと思っていた」、「いろいろ試している部分もあるが、結果を残さないといけない。結果にもこだわっていきたい」と危機感を口にした。

 この試合では、途中から出場した生え抜き16年目・33歳の銀次内野手も、6回に右前適時打、8回に右翼席へソロと存在感をアピール。石井監督は「若手の調子がいい中で、中堅の選手もしっかり調整して結果を残してくれているのは頼もしい」と目を細め、「打てるところだけを待ってスイングするという我慢ができるあたり、やっぱり違うな、というところを見せてくれている。若手も彼らの背中を見て、もう1ランク上がってほしい」と評した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」