野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「今の野球は打たないと代えられる」根尾アピールの陰で…中日京田が迫られる決断

自らに向かってくる若き才能は、連日バットで結果を残している。中日・京田陽太内野手はキャンプ中、報道陣からよく根尾昂内野手のことを聞かれた。「いい選手なのは間違いないですからね。別に聞かれるのは嫌じゃないですよ」。周囲から見れば対決の構図。ただ、京田は純粋に自らと向き合い、課題にもがき、悩んで答えを出そうとしている。

中日・京田陽太【写真:小西亮】
中日・京田陽太【写真:小西亮】

春季キャンプで立浪臨時コーチからマンツーマン指導の日々

 自らに向かってくる若き才能は、連日バットで結果を残している。中日・京田陽太内野手はキャンプ中、報道陣からよく根尾昂内野手のことを聞かれた。「いい選手なのは間違いないですからね。別に聞かれるのは嫌じゃないですよ」。周囲から見れば対決の構図。ただ、京田は純粋に自らと向き合い、課題にもがき、悩んで答えを出そうとしている。【小西亮】

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 キャンプ地の球場と屋内練習場の200メートルほどの距離を、何度往復しただろうか。立浪和義・臨時打撃コーチと並び、ゆっくり自転車をこぐ。昼下がり、マンツーマンの個別練習でとにかくバットを振った。「いろんな引き出しを教えていただけました」。間近で感じる熱は、自らへの期待と受け取った。

 もう周囲から「打てない」と言われるのは聞き慣れた。新人王を獲得した1年目の2017年は球団の新人記録を塗り替える149安打を放ち、打率.264をマーク。しかし2年目以降は2割5分すら超えられず、レギュラーとして5年目を迎えた。その反面、年々と自信を増す守備。「守れる“けど”……」という言葉を覆すには、バットで結果を出すほかない。

「立浪さんは、僕がプロに入って初めて自分と同じ『右投げ左打ち』のコーチなんですよね」

 今季もチームの1軍打撃コーチ3人はともに「右投げ右打ち」。プロ入り後は2軍に小笠原道大監督や森野将彦打撃コーチはいたものの、深く指導を受ける機会は少なかった。ようやく巡り合えた指導者は、まさかの「ミスタードラゴンズ」。存在感に気圧されながらも、伝えてくれる技術や意識はあくまでシンプルだった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」