「テレビ、スマホ見ません」練習大好き宮崎商主将、監督が語るプロ選手との共通点

宮崎商・中村碧人主将【写真:編集部】
宮崎商・中村碧人主将【写真:編集部】

宮崎商の主将・中村碧人は高校通算26本塁打

 下も上もユニホームは真っ黒。手をやるたびに顔が黒くペイントされていく。宮崎商の主将・中村碧人内野手は文字通り「土の似合う男」だ。プロ野球のキャンプ地でもある野球が盛んな宮崎市で生まれ育った。小学1年生で始めたのはソフトボールだったが、キャンプには何度も足を運ぶ野球ファンの少年だったという。【市川いずみ】

◇◇◇◇◇

「全部がかっこいいんです(笑)」

 まるで好きなアイドルについて話すように少し照れながら語ったのは、憧れの巨人・坂本勇人についてだ。ソフトボールを始めたころからの大ファン。キャンプ見学はもちろん、自室にはサインボールもある。

 ポジションも同じ遊撃手で捕球の際のタイミングの取り方は坂本をお手本にしているという。昨秋の九州大会準々決勝・東明館戦では2打席連続本塁打を放ち、高校通算26本塁打と長打力は十分に持っている中村は、もちろん「坂本選手のようなプロ野球選手になりたい」と夢を語る。

 しかし、プロの世界に行くには圧倒的に足りないものがあるという自覚がある。「プロに行くには走力が課題なんです」50メートルは6秒5。この日の試合でも、走塁・守備ともに特別な遅さは感じなかったが、決して速いとも言えない。橋口光朗監督は東洋大時代、同級生に乾真大(元日本ハム)、後輩には鈴木大地(楽天)や小田裕也(オリックス)ら、後にプロ野球選手として活躍する仲間を間近で見てきた。「中村は足がまだもうちょっと」走力を指摘した上で、プロの世界へ進んだ選手との共通点もあると話す。

「彼ら(プロに行った東洋大の仲間)はとにかく練習してましたね。大学生なので夜に外で食事をすることもありますが、必ず帰ってきて夜10時からでも練習していました。中村も本当によく練習します。そこはプロに行ける素質の一つだと思います」

初戦で好投手・達を擁する天理と対戦「ストレートを打ってみたい」

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY