女子ソフトボール新理事に元燕・古田敦也氏が就任 「生で迫力を体感していただきたい」

会見に臨んだ古田敦也氏【写真:上野明洸】
会見に臨んだ古田敦也氏【写真:上野明洸】

ヤクルトで2年監督を務めるなど、古田氏の経験値に期待

 日本女子ソフトボール機構は20日、都内で会見を開き、理事に新たに元ヤクルト監督の古田敦也氏、元アナウンサーで弁護士の菊間千乃氏ら9人が就任することを発表した。

 来年の新リーグ発足に向け、17日には日本ハムで球団代表を務めた経験を持つ島田利正氏が代表理事兼チェアマンに就任することが発表されていた。

 島田氏が、野球界での経験を持つ古田氏にラブコール。古田氏は「新しいリーグを作るということで、力を貸してほしいと。監督を2年やらせていただいた時も、監督業だけでなく、どうやってファンサービスができるか。色々なことをやらせていただいた経験がある。アドバイスできることもあるのではないかと思う」とコメントした。

 ソフトボールという競技については「番組で上野投手とか代表クラスの投手と対戦させていただいたことはあるんですけど、全く打てない。(野球と)同じような競技なんですけど、奥深さを感じている。ぜひ球場に足を運んでいただき、生で迫力を体感していただきたい」とファンに呼び掛けた。

(上野明洸 / Akihiro Ueno)

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY