米衝撃のアクロバットプレー 女子ソフト選手の“スーパーマンダイブ”が「ありえない!」

米大学ソフトボールでアクロバティックプレーが誕生(画像はスクリーンショット)
米大学ソフトボールでアクロバティックプレーが誕生(画像はスクリーンショット)

捕手のタッチを頭から飛び越えるようにジャンプ

 数々のスーパープレーが飛び出す野球やソフトボールの試合。アメリカの大学ソフトボールでは、女子選手が捕手の頭上を飛び込える“スーパーマンダイブ”でホームインし、度肝を抜いている。

 21日(日本時間22日)に行われたフロリダ・ガルフ・コースト大とノースフロリダ大の試合。2回2死一塁の場面で打者が放った打球は一、二塁間を破る右前安打となった。一塁走者のリーディ・ダベンポートは二塁を蹴り三塁へ。送球が三塁に送られる間に打者走者も二塁を狙った。

 三塁から二塁への送球が逸れると、ダベンポートは一気に本塁も狙った。アウトのタイミングだったが、捕手のタッチに対し、ダベンポートは頭から飛び越えるようにジャンプ。そのままタッチをかわしてダイブして生還した。

 このNPBやメジャーリーグでもなかなかお目にかかれないような驚愕の“スーパーマンダイブ”をNCAA(全米大学体育協会)ソフトボールの公式ツイッターが「ありえない! リーディ・ダベンポートがタッチをジャンプで越え、ホームでセーフになった!」と動画で紹介。この投稿には「スーパーマンダイブ」「生中継見てたけど自分の目が信じられなかった!」とのコメントが寄せられていた。

【動画】瞬き厳禁! 女子ソフト選手による驚愕の“スーパーマンダイブ”

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY