野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

投手力では巨人より阪神、「3位以下に差がない」 名手・飯田哲也氏がセ順位予想

26日に開幕するプロ野球のペナントレース。原辰徳監督率いる巨人が“横綱相撲”で2年連続の覇者に君臨するセ・リーグを展望する。現役時代にヤクルトでゴールデングラブ賞7度の名外野手として鳴らした野球評論家の飯田哲也氏は、2005年以来16年ぶりとなる阪神の優勝を敢然と予想した。

中日のビシエド、阪神・佐藤輝明、広島・栗林良吏(左から)【写真:荒川祐史】
中日のビシエド、阪神・佐藤輝明、広島・栗林良吏(左から)【写真:荒川祐史】

古巣のヤクルトは5位予想「山田にはやってもらわないと困る」

 26日に開幕するプロ野球のペナントレース。原辰徳監督率いる巨人が“横綱相撲”で2年連続の覇者に君臨するセ・リーグを展望する。現役時代にヤクルトでゴールデングラブ賞7度の名外野手として鳴らした野球評論家の飯田哲也氏は、2005年以来16年ぶりとなる阪神の優勝を敢然と予想した。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

1位 阪神
2位 巨人
3位 中日
4位 広島
5位 ヤクルト
6位 DeNA

 阪神は、ドラフト1位ルーキー・佐藤輝明がオープン戦で12球団最多の6本塁打を量産して話題に。飯田氏も「佐藤はシーズンでもやりますよ。飛距離が凄い。打ち損じでもフェンスを越えますから」と太鼓判を押す。さらに「(ジェフリー・)マルテ、(ジェリー・)サンズの両外国人が好調で、4番の大山(悠輔)を挟むクリーンアップは強力」と分析。開幕投手に指名された藤浪晋太郎が復活すれば、投手陣には先発の西勇輝、秋山拓巳、青柳晃洋、抑えのロベルト・スアレスら豪華な顔ぶれが並び、投手力では「巨人を上回る」と見る。

 巨人も坂本勇人、岡本和真、丸佳浩のクリーンアップが健在。エースの菅野智之も残留した。飯田氏も「駒がそろっている上、原監督は選手を乗せるのがうまい」と認める。いずれにせよ、阪神と巨人「2強」の一騎打ちとなる可能性が高そうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」