近鉄出身唯一の現役プロ投手 元燕・近藤一樹が見据えるNPB復帰「苦労は全然ない」

香川オリーブガイナーズの近藤一樹【写真:喜岡桜】
香川オリーブガイナーズの近藤一樹【写真:喜岡桜】

2018年最優秀中継ぎ右腕は四国IL香川に投手兼任コーチで入団

 昨年オフにヤクルトから戦力外通告を受けた近藤一樹投手が、今季から四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナーズへ活躍の場を移し、選手兼任コーチとして一歩を踏み出した。日大三高から2001年ドラフト7位指名されて今季がプロ20年目。近鉄出身唯一人の現役プロ野球投手がNPB復帰に挑戦する。【喜岡桜】

 新天地での近藤一の公式戦初登板は、愛媛マンダリンパイレーツと激突した3月27日のリーグ開幕戦。8回にマウンドに上がって1イニングを2安打1奪三振1失点。自己最速は143キロだった。

「公式戦の緊張感がありました。失点したが勝利を繋ぐためのモチベーションはしっかり上げられたので、今後状態は上がってくると思う。今日も悪くはなかったので、そういう日もあるなって感じです」

 チームとしては昨年中継ぎとして活躍した近藤壱樹投手が先発。立ち上がりから5者連続三振を奪うなど、6回を投げて5安打10奪三振で1失点。救援陣で失点が重なったものの6-4で開幕戦を白星で飾った。

近鉄出身のNPB選手はヤクルト坂口のみに

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY