野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • MLB
  • 菊池雄星
  • 指揮官が課す“並行カウント”からの攻め 菊池雄星が89球で見せた真価の兆し

指揮官が課す“並行カウント”からの攻め 菊池雄星が89球で見せた真価の兆し

マリナーズの菊池雄星投手が2日(日本時間3日)のジャイアンツ戦で今季初先発。最速97マイル(約156キロ)の直球にカッター、スライダー、カーブ、スプリットを交え、2019年5月3日以来となる自己最多タイの10三振を奪う力投を見せたものの、6回に同点2ランを浴び勝敗は付かなかった。好投を演じたメジャー3年目のスタートを「ストライク先行で内容には充実感があります。(次回も)今日のような形でいければいい」と菊池は自己評価した。

マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】
マリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

サービス監督が求めた姿勢「1-1の並行カウントから…」

■ジャイアンツ 6ー3 マリナーズ(日本時間3日・シアトル)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 マリナーズの菊池雄星投手が2日(日本時間3日)のジャイアンツ戦で今季初先発。最速97マイル(約156キロ)の直球にカッター、スライダー、カーブ、スプリットを交え、2019年5月3日以来となる自己最多タイの10三振を奪う力投を見せたものの、6回に同点2ランを浴び勝敗は付かなかった。好投を演じたメジャー3年目のスタートを「ストライク先行で内容には充実感があります。(次回も)今日のような形でいければいい」と菊池は自己評価した。【木崎英夫】

 ストライク先行――。

 サービス監督が試合前の会見で語気を強めた言葉だ。過去2年、菊池に求め続けてきたその思いを指揮官はこう説き述べている。

「1-1の並行カウントからストライクゾーンを突く積極果敢な投球ができるかどうか。その意識を貫くにはヒットも一発も食らうだろう。でも、今夜はユウセイが相手を“守りの攻撃”にさせられるかどうか、それを見極める試合だ。往々にして力投型の投手はエンジンがかかるのが遅い。ブルペンから気持ちを起こして臨戦態勢を作り、立ち上がりから自分のリズムで入っていくこと。その気持ちで6回まで行ってもらいたい」

 打者に圧を掛け続けるというメッセージを“並行カウント”に込めたサービス監督の期待に、菊池は数字で応えた。打者25人のうち並行カウントになった4人をすべて打ち取り、ボールが先行した不利なカウントから対した3人ではヒット1本に留めた。

「立ち上がりから自分のボールが投げられていた。あまり厳しいコースを気にせずに真ん中周辺を目がけて、(ホームベースの)前後左右にボールが散ってもそれでいいんじゃないかなっていうぐらいの気持ちでいきました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」