野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「最初は甲子園を目指そうと…」 話題の57歳“オジサン球児”が大学野球を選んだ訳

9回2死。その瞬間は、突如としてやってきた。あとひとりで勝利の場面で、一塁の守備についた。「打球が飛んできたら…」。高鳴る鼓動は、三振のコールともに安堵に変わる。「最後に整列しただけで終わりました」。そう笑って振り返る背番号89は、5月に58歳を迎える。いま話題の“オジサン球児”は、待望の公式戦デビューを飾った。

名古屋工業大の加藤文彦さん【写真:小西亮】
名古屋工業大の加藤文彦さん【写真:小西亮】

4月3日の愛知大学リーグ3部の開幕戦で公式戦デビューした加藤文彦さん

 9回2死。その瞬間は、突如としてやってきた。あとひとりで勝利の場面で、一塁の守備についた。「打球が飛んできたら…」。高鳴る鼓動は、三振のコールともに安堵に変わる。「最後に整列しただけで終わりました」。そう笑って振り返る背番号89は、5月に58歳を迎える。いま話題の“オジサン球児”は、待望の公式戦デビューを飾った。【小西亮】

少年野球の保護者、指導者の疑問も取材中 解決方法は「Full-Count ROOTS」へ

 この春から名古屋工業大の2年生になった加藤文彦さん。名古屋外国語大と対戦した3日の愛知大学野球3部の春季リーグ開幕戦で、たった1死でも出場記録を残した。今年2月に野球部のツイッターがその存在を紹介すると、SNSで話題に。メディアからの取材が殺到している。

 57歳の“オールドルーキー”は卒業し、1年生の後輩ができた。部員は約20人。名古屋市千種区のグラウンドで行われる野球部の練習では、二回り以上も年下のチームメートたちにすっかり溶け込んでいる。普段は互いに敬語。でもグラウンド上では「今の捕れたよ!」と、息子のような仲間たちから愛ある声が飛ぶ。

 身長170センチ、左投げ左打ちの一塁手。現ソフトバンク球団会長の王貞治氏が監督時代に背負った「89」にあやかった。指3本ほど短くバットを持ち、シュアな打撃を心がける。「バッティングは、まだまだ課題です」。なかなか飛んでくれない硬式球に、試行錯誤が続く。

 平日は役所に勤める公務員。土日の時間をグラウンドで過ごすようになったのは、3、4年前から巷で耳にするようになった「人生100年時代」という言葉がきっかけだった。「いくつになっても学び直すことができるんだなと」。一念発起して試験勉強を開始。高校生や浪人生たちと一緒に一般入試を受け、昨春に夜間の「第二部」に入った。

 社会人になっても野球がしたいと思えば、草野球チームはどこにでもある。わざわざ入試をへてまで大学野球にこだわったのには、ひとつの思いがあった。

「どうせやるなら、夢を持ってやりたい。夢なんて寝て起きたら覚める儚いものですけど、大学野球には“神宮”という目指す場所がある。たとえ現実的じゃくても、“ひょっとしたら”と思いながら野球をやりたいと思いました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」